Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニーノシュク または ニーノルスク(Nynorsk, 「新ノルウェー語」の意)は、ブークモール(Bokmål, 「書籍の言葉」の意)とならんでノルウェーで公認されている文語(書き言葉)。亜種としてホイノシュク (Høgnorsk) がある。ノルウェーの方言を文語に採用したものである(ブークモールはデンマーク語の文語をノルウェー式にしたものである。)イーヴァル・オーセンの始めた言文一致の運動に由来する。以前はそれぞれ「ランスモール」(Landsmål, 土語、田舎の言葉の意)、「リクスモール」(Riksmål, 国語、公用語の意) という名称だったが1929年に改称された。ニーノシュクはそれまで複数あったノルウェー語の各方言(ランスモール)を無理に統合して人工的に作ったもので、ノルウェー人の誰も理解出来ないと揶揄されている。ランスモール話者は人口の10~15%が用いているとされるが、ノルウェーは方言の違いが大きく、各方言ごと意志の疎通は困難である。
dbpedia-owl:iso6391Code
  • nn
dbpedia-owl:iso6392Code
  • nno
dbpedia-owl:iso6393Code
  • nno
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:spokenIn
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 492834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1652 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55641893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ語族
prop-ja:iso
  • nn
  • nno
prop-ja:name
  • ノルウェー語(ニーノシュク)
prop-ja:nativename
  • Nynorsk
prop-ja:script
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニーノシュク または ニーノルスク(Nynorsk, 「新ノルウェー語」の意)は、ブークモール(Bokmål, 「書籍の言葉」の意)とならんでノルウェーで公認されている文語(書き言葉)。亜種としてホイノシュク (Høgnorsk) がある。ノルウェーの方言を文語に採用したものである(ブークモールはデンマーク語の文語をノルウェー式にしたものである。)イーヴァル・オーセンの始めた言文一致の運動に由来する。以前はそれぞれ「ランスモール」(Landsmål, 土語、田舎の言葉の意)、「リクスモール」(Riksmål, 国語、公用語の意) という名称だったが1929年に改称された。ニーノシュクはそれまで複数あったノルウェー語の各方言(ランスモール)を無理に統合して人工的に作ったもので、ノルウェー人の誰も理解出来ないと揶揄されている。ランスモール話者は人口の10~15%が用いているとされるが、ノルウェーは方言の違いが大きく、各方言ごと意志の疎通は困難である。
rdfs:label
  • ニーノシュク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Nynorsk
  • ノルウェー語(ニーノシュク)
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of