Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱、学名:Allium sativum)はネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。5月頃に白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取る。摘み取った茎は柔らかい物であれば野菜として利用される。一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの品種もある。ジャンボニンニクあるいは無臭ニンニクと呼ばれるものはニンニクとは別種であり、リーキ(ポロネギ)の1変種である。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:colourName
  • 植物界
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 22798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59034902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 181 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 33.06
prop-ja:date
  • --07-23
prop-ja:fat
  • 0.5
prop-ja:fiber
  • 2.1
prop-ja:folateUg
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 1.700000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 623 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 1.672000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • ニンニク、生
prop-ja:niacinMg
  • 0.700000 (xsd:double)
prop-ja:pantothenicMg
  • 0.596000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 153 (xsd:integer)
prop-ja:potassiumMg
  • 401 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 6.39
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.110000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:seleniumΜg
  • 14.200000 (xsd:double)
prop-ja:sodiumMg
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:sourceUsda
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sugars
  • 1.0
prop-ja:thiaminMg
  • 0.200000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • 詳細を知りたいです。
prop-ja:vitb6Mg
  • 1.235000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 31.200000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 1.160000 (xsd:double)
prop-ja:分類体系
prop-ja:名称
  • ニンニク
prop-ja:
  • ネギ属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ニンニク
prop-ja:
  • 植物界
prop-ja:
  • キジカクシ目
prop-ja:
  • ユリ科
prop-ja:
  • ニンニク
prop-ja:綱階級なし
  • 単子葉類
prop-ja:
  • 植物界
prop-ja:英名
  • Garlic
prop-ja:門階級なし
  • 被子植物
dc:description
  • ニンニク
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱、学名:Allium sativum)はネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。5月頃に白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取る。摘み取った茎は柔らかい物であれば野菜として利用される。一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの品種もある。ジャンボニンニクあるいは無臭ニンニクと呼ばれるものはニンニクとは別種であり、リーキ(ポロネギ)の1変種である。
rdfs:label
  • ニンニク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Garlic
  • ニンニク
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is foaf:primaryTopic of