Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニューミンスター(Newminster、1848年 - 1868年)は、イギリスの競走馬である。19世紀中ごろに活躍し、種牡馬としては大きく成功した。全兄に2000ギニーに優勝したNunnykirkがいる。ニューミンスターの血統背景はスタミナの申し子とも言えるもので、父はアスコットゴールドカップとドンカスターカップを連覇し、種牡馬としても成功したタッチストン、母も64戦して51勝、ドンカスターカップを4度勝ち、アスコットゴールドカップにも優勝したビーズウイングである。つまり両親合わせて当時長距離のカップレースとして権威の高かったアスコットゴールドカップとドンカスターカップを9回も獲得していることになる。このような血統背景で生まれたニューミンスターだったが、体質が悪くわずか2勝に終わり(全10戦だとか3勝したという説もある)競走馬としてはそれほど優れてはいなかった。とはいえ当時エプソムダービーよりも重視されていたセントレジャーステークスに優勝しており水準以上の競走成績は収めている。種牡馬入りすると真価を発揮し、同時期にストックウェル(リーディングサイアー7回)がいたため1859年と1863年の2度しかイギリスリーディングサイアーにはなれなかったが、数多くの活躍馬を輩出した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 472386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45066467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
  • 1822 (xsd:integer)
  • Camel
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
prop-ja:ffm
  • Selim Mare
prop-ja:ffmf
  • Selim
prop-ja:ffmm
  • Maiden
prop-ja:fm
  • 1826 (xsd:integer)
  • Banter
prop-ja:fmf
  • Master Henry
prop-ja:fmff
  • Orville
prop-ja:fmfm
  • Miss Sophia
prop-ja:fmm
  • Boadicea
prop-ja:fmmf
  • Alexander
prop-ja:fmmm
  • Brunette
prop-ja:inf
  • (タッチストン系 / Beningbrough5×4=9.38% Trumpator5×4=9.38%)
prop-ja:jbis
  • 338083 (xsd:integer)
prop-ja:m
prop-ja:mf
  • 1811 (xsd:integer)
  • Dr.Syntax
prop-ja:mff
  • Paynator
prop-ja:mfff
prop-ja:mffm
  • Mark Anthony Mare
prop-ja:mfm
  • Beningbrough Mare
prop-ja:mfmf
  • Beningbrough
prop-ja:mfmm
  • Jenny Mole
prop-ja:mm
  • 1817 (xsd:integer)
  • Ardrossan Mare
prop-ja:mmf
  • Ardrossan
prop-ja:mmff
prop-ja:mmfm
  • Miss Whip
prop-ja:mmm
  • Lady Eliza
prop-ja:mmmf
  • Whitworth
prop-ja:mmmm
  • Spadille Mare F-No.8
prop-ja:name
  • ニューミンスター
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • Earl of Eglinton
prop-ja:
  • ニューミンスター
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 1868 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 1848 (xsd:integer)
prop-ja:
  • William Orde
prop-ja:
prop-ja:
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:調
  • J.Fobert
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニューミンスター(Newminster、1848年 - 1868年)は、イギリスの競走馬である。19世紀中ごろに活躍し、種牡馬としては大きく成功した。全兄に2000ギニーに優勝したNunnykirkがいる。ニューミンスターの血統背景はスタミナの申し子とも言えるもので、父はアスコットゴールドカップとドンカスターカップを連覇し、種牡馬としても成功したタッチストン、母も64戦して51勝、ドンカスターカップを4度勝ち、アスコットゴールドカップにも優勝したビーズウイングである。つまり両親合わせて当時長距離のカップレースとして権威の高かったアスコットゴールドカップとドンカスターカップを9回も獲得していることになる。このような血統背景で生まれたニューミンスターだったが、体質が悪くわずか2勝に終わり(全10戦だとか3勝したという説もある)競走馬としてはそれほど優れてはいなかった。とはいえ当時エプソムダービーよりも重視されていたセントレジャーステークスに優勝しており水準以上の競走成績は収めている。種牡馬入りすると真価を発揮し、同時期にストックウェル(リーディングサイアー7回)がいたため1859年と1863年の2度しかイギリスリーディングサイアーにはなれなかったが、数多くの活躍馬を輩出した。
rdfs:label
  • ニューミンスター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:f of
is prop-ja:ff of
is prop-ja:fff of
is prop-ja:ffff of
is prop-ja:fmff of
is prop-ja:fmmf of
is prop-ja:mff of
is prop-ja:mfff of
is prop-ja:mmf of
is prop-ja:mmff of
is prop-ja:mmmf of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of