Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニューナンブM66短機関銃は、新中央工業(現ミネベア社大森製作所)において試作された短機関銃である。新中央工業は、日本陸軍の造兵将校であり企業家だった南部麒次郎の設立した南部銃製造所を前身とするため、同社で開発された製品には『ニューナンブ』(ニューナンブM60回転式拳銃など)と冠される通例があり、本銃もその例に倣っている。また、警察予備隊でサブマシンガンの訳語として作られた「短機関銃」の名称を持つ、現在唯一の日本製銃器でもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1922906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59020986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • M65, M66
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 756 (xsd:integer)
  • 763 (xsd:integer)
prop-ja:口径
  • 9.0
prop-ja:名称
  • ニューナンブM66短機関銃
prop-ja:発射速度
  • 465 (xsd:integer)
  • 550 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:製造期間
  • 試作のみ
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1965 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 3.960000 (xsd:double)
  • 4.080000 (xsd:double)
prop-ja:銃身長
  • 140 (xsd:integer)
  • 154 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニューナンブM66短機関銃は、新中央工業(現ミネベア社大森製作所)において試作された短機関銃である。新中央工業は、日本陸軍の造兵将校であり企業家だった南部麒次郎の設立した南部銃製造所を前身とするため、同社で開発された製品には『ニューナンブ』(ニューナンブM60回転式拳銃など)と冠される通例があり、本銃もその例に倣っている。また、警察予備隊でサブマシンガンの訳語として作られた「短機関銃」の名称を持つ、現在唯一の日本製銃器でもある。
rdfs:label
  • ニューナンブM66短機関銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of