Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニュートン(newton, 記号: N)は、国際単位系 (SI) における力の単位である。その名前はイギリスの物理学者アイザック・ニュートンにちなむものであり、1904年ごろにロバートソンにより提唱され、1948年の国際度量衡総会 (CGPM) でMKS単位系の正式な力の単位の名称として採用された。1ニュートンは、1キログラムの質量をもつ物体に1メートル毎秒毎秒 (m/s2) の加速度を生じさせる力と定義されている。ニュートンは組立単位であり、基本単位で書き表すと N = kg·m/s2 (キログラムメートル毎秒毎秒)となる。重量が重力によって2つの物体の間に働く力と定義されているので、ニュートンはまた重量の単位でもある。地球表面において質量1キログラムの物体の重量は約9.81ニュートンである(場所によって10分の数パーセント異なる)。この値が1重量キログラム (kgf) である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54348845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
  • SI
prop-ja:名称
  • ニュートン
prop-ja:定義
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:物理量
prop-ja:種類
prop-ja:組立
  • kg·m/s2
prop-ja:英字
  • newton
prop-ja:記号
  • N
prop-ja:語源
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニュートン(newton, 記号: N)は、国際単位系 (SI) における力の単位である。その名前はイギリスの物理学者アイザック・ニュートンにちなむものであり、1904年ごろにロバートソンにより提唱され、1948年の国際度量衡総会 (CGPM) でMKS単位系の正式な力の単位の名称として採用された。1ニュートンは、1キログラムの質量をもつ物体に1メートル毎秒毎秒 (m/s2) の加速度を生じさせる力と定義されている。ニュートンは組立単位であり、基本単位で書き表すと N = kg·m/s2 (キログラムメートル毎秒毎秒)となる。重量が重力によって2つの物体の間に働く力と定義されているので、ニュートンはまた重量の単位でもある。地球表面において質量1キログラムの物体の重量は約9.81ニュートンである(場所によって10分の数パーセント異なる)。この値が1重量キログラム (kgf) である。
rdfs:label
  • ニュートン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:seat of
is prop-ja:si of
is foaf:primaryTopic of