Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニュータウン鉄道(ニュータウンてつどう)とは運輸省(現国土交通省)と日本鉄道建設公団(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)が1973年(昭和48年)から始めたニュータウン鉄道等整備事業費補助(2008年(平成20年)年4月1日以降は「空港アクセス鉄道等整備事業費補助」)により、主としてニュータウンの居住者の利用のために建設された鉄軌道。ニュータウンの範囲から出た場合は1駅目まで補助が下りる。補助制度が最初に導入されたのは多摩ニュータウンへの鉄道整備で、1971年(昭和46年)4月から順次延伸開業した京王相模原線の京王多摩川駅以西が対象(第2期延伸で京王よみうりランド駅から京王多摩センター駅に到達したのは1974年(昭和49年)10月)だが、ニュータウン内への到達は同じくこの制度により建設された小田急多摩線の新百合ヶ丘駅 - 小田急永山駅間が4か月先に実現した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 801338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53284178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニュータウン鉄道(ニュータウンてつどう)とは運輸省(現国土交通省)と日本鉄道建設公団(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)が1973年(昭和48年)から始めたニュータウン鉄道等整備事業費補助(2008年(平成20年)年4月1日以降は「空港アクセス鉄道等整備事業費補助」)により、主としてニュータウンの居住者の利用のために建設された鉄軌道。ニュータウンの範囲から出た場合は1駅目まで補助が下りる。補助制度が最初に導入されたのは多摩ニュータウンへの鉄道整備で、1971年(昭和46年)4月から順次延伸開業した京王相模原線の京王多摩川駅以西が対象(第2期延伸で京王よみうりランド駅から京王多摩センター駅に到達したのは1974年(昭和49年)10月)だが、ニュータウン内への到達は同じくこの制度により建設された小田急多摩線の新百合ヶ丘駅 - 小田急永山駅間が4か月先に実現した。
rdfs:label
  • ニュータウン鉄道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of