Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(Die Meistersinger von Nürnberg)は、19世紀ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーが作曲した楽劇。リブレットも作曲者自身による。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 220762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 49732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58904471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:bgcolor
  • #c6dbf7
prop-ja:fontSize
  • 75.0
prop-ja:quote
  • (ドイツのマイスターを敬うのだ!)」
  • ドイツの真正な芸術も人々の記憶から失われよう。
  • 砲弾や硝煙の力で集め直すことはできぬ。
  • いつまでも変わることなく残るであろう!」
  • だが、いつだって連中を正気に引き戻したのは
  • 栄えあるドイツのマイスターに受け継がれぬ限り
  • けしからぬ振る舞いに及んだこともある。
  • そうすれば、心ある人々をとらえることができる。
  • そしてマイスターの仕事を思う心があれば
  • いろんな組合の仲間どうしが繰り出して
  • あなたの孫子の代まで貴重な貯えとなるはず。
  • 「このニュルンベルクをめざす
  • あなたのように愛に生き、歌一筋
  • かすかに残った伝統の息吹を
  • すぐ喧嘩になるのは世のならい。
  • その水も漏らさぬ結束は
  • だからこそ、言っておこう。
  • ひとが集まれば、つまらぬことで
  • よき慣わしや美風も、大方は廃れ
  • ドイツのマイスターを敬うのだ!
  • ドイツの国も民も散り散りになり
  • ドイツの地に植え付けるであろう。
  • ドイツの神聖な芸術は
  • ユンカーは数あれど
  • 一目置かれるマイスタージンガーの親方衆。
  • 城も館もうちやって、とは珍しい。
  • 多少のことでは、びくともしない。
  • 愛の獲物に飢えた騎士方を相手に
  • 戦いをやめよ!
  • 煙と消えようとも
  • 王侯はたちまち民心を見失い
  • 異国の腐臭ただようがらくたを
  • 異国の虚仮おどしに屈すれば
  • 皆で大切に護ってきた宝は
  • 神聖ローマ帝国は
  • 見かけたものだ)
  • 跡かたもなく崩れて、煙と消える。
  • (せんだっても、どこぞの小路で
  • こちらは衆を頼まねばならぬことも多かった。
  • 「気をつけるがいい、不吉な攻撃の手が迫っている。
prop-ja:salign
  • right
prop-ja:source
  • 「最終演説」削除部分(現行版の3,074行 -3,082行に相当)
  • 第3幕第5場、「ザックスの最終演説」後半部分(3,074行 -3,089行)
prop-ja:width
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(Die Meistersinger von Nürnberg)は、19世紀ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーが作曲した楽劇。リブレットも作曲者自身による。
rdfs:label
  • ニュルンベルクのマイスタージンガー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of