Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニュクス (3908 Nyx) は、アモール群の小惑星で、火星横断小惑星の一つでもある。1980年8月6日にドイツの天文学者ハンス=エミール・シュスターによって発見され、ギリシア神話の夜の女神ニュクスにちなんで命名された。冥王星の衛星ニクスも全く同じ語源である。直径1-2kmのV型小惑星で、元は(4)ベスタの欠片であると考えられている。2000年にアレシボ天文台とゴールドストーン天文台によるレーダー観測でニュクスの形状のモデルが作られた。この小惑星は金平糖のような形をしていると推定された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1099428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47728259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.230000 (xsd:double)
prop-ja:スペクトル分類
  • V
prop-ja:仮符号・別名
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:元期
  • --04-10
prop-ja:公転周期
  • 2.680000 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • ニュクス
prop-ja:平均密度
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:平均表面温度
  • ~200 K
prop-ja:平均近点角
  • 328.580000 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 261.540000 (xsd:double)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • 3908 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ニュクスの形状のモデル
prop-ja:発見日
  • --08-06
prop-ja:発見者
prop-ja:直径
  • 1.040000 (xsd:double)
prop-ja:絶対等級
  • 17.400000 (xsd:double)
prop-ja:脱出速度
  • km/s
prop-ja:自転周期
  • 4.426000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 小惑星
prop-ja:英名
  • 3908 (xsd:integer)
prop-ja:表面重力
  • m/s(2)
prop-ja:質量
  • kg
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 2.180000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 1.927
prop-ja:近日点引数
  • 126.260000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 1.044
prop-ja:遠日点距離
  • 2.811
prop-ja:離心率
  • 0.459000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニュクス (3908 Nyx) は、アモール群の小惑星で、火星横断小惑星の一つでもある。1980年8月6日にドイツの天文学者ハンス=エミール・シュスターによって発見され、ギリシア神話の夜の女神ニュクスにちなんで命名された。冥王星の衛星ニクスも全く同じ語源である。直径1-2kmのV型小惑星で、元は(4)ベスタの欠片であると考えられている。2000年にアレシボ天文台とゴールドストーン天文台によるレーダー観測でニュクスの形状のモデルが作られた。この小惑星は金平糖のような形をしていると推定された。
rdfs:label
  • ニュクス (小惑星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of