Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • “ニック”ニコラス・ハンティントン・カーター(Nicholas Huntington "Nick" Carter)はアメリカで多くの作家によって書き継がれてきた架空の探偵、スパイ。別名はキルマスター。単独の作家の手によるものではなく、19世紀末から現代にかけて多くの作家がニコラス・カーターその他のペンネームで創作を続けている。そのため、当初は探偵として描かれていたが、次第に冒険活劇のヒーローとなり、1960年代からはスパイとして活躍している。初出は「ニューヨーク・ウィークリー」誌(1886年9月18日号)の「老探偵の弟子、あるいはマディソン・スクエアの謎めいた事件(The Old Detective's Pupil; or, The Mysterious Crime of Madison Square)」。これはストリート&スミス社の社長であったオーモンド・G・スミスの依頼で、ジョン・ラッセル・コリエルが書いたものである。たちまち人気を博し、ラッセルはこの後2編しか書かなかったが、スミスは他の作家にも執筆を依頼して1915年には単独タイトルのパルプ誌「ニック・カーター・ウィークリー(Nick Carter Weekly)」誌が出版されるようにまでなった。カーターの登場する小説は1950年代を通じて執筆され続け、1943年から1955年にかけて「探偵ニック・カーター(Nick Carter, Master Detective)」としてラジオドラマ化された。1915年までに少なくとも1261冊が出版されたらしい。探偵ニック・カーターの代表作は、1899年の短編集「The Detective's Pretty Neighbor」とされ、この短編集はエラリー・クイーンの手によって発掘されて再評価された。1960年代、007ことジェームズ・ボンドシリーズの成功をみて、ニック・カーターはスパイ・キルマスター(Killmaster)として新たな冒険小説シリーズの主人公として生まれかわった。キルマスター・シリーズの第一作「走れスパイ(Run Spy Run)」は1964年に発表され、それ以降1990年まで260編以上の作品が書かれた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1093254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59183718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • “ニック”ニコラス・ハンティントン・カーター(Nicholas Huntington "Nick" Carter)はアメリカで多くの作家によって書き継がれてきた架空の探偵、スパイ。別名はキルマスター。単独の作家の手によるものではなく、19世紀末から現代にかけて多くの作家がニコラス・カーターその他のペンネームで創作を続けている。そのため、当初は探偵として描かれていたが、次第に冒険活劇のヒーローとなり、1960年代からはスパイとして活躍している。初出は「ニューヨーク・ウィークリー」誌(1886年9月18日号)の「老探偵の弟子、あるいはマディソン・スクエアの謎めいた事件(The Old Detective's Pupil; or, The Mysterious Crime of Madison Square)」。これはストリート&スミス社の社長であったオーモンド・G・スミスの依頼で、ジョン・ラッセル・コリエルが書いたものである。たちまち人気を博し、ラッセルはこの後2編しか書かなかったが、スミスは他の作家にも執筆を依頼して1915年には単独タイトルのパルプ誌「ニック・カーター・ウィークリー(Nick Carter Weekly)」誌が出版されるようにまでなった。カーターの登場する小説は1950年代を通じて執筆され続け、1943年から1955年にかけて「探偵ニック・カーター(Nick Carter, Master Detective)」としてラジオドラマ化された。1915年までに少なくとも1261冊が出版されたらしい。探偵ニック・カーターの代表作は、1899年の短編集「The Detective's Pretty Neighbor」とされ、この短編集はエラリー・クイーンの手によって発掘されて再評価された。1960年代、007ことジェームズ・ボンドシリーズの成功をみて、ニック・カーターはスパイ・キルマスター(Killmaster)として新たな冒険小説シリーズの主人公として生まれかわった。キルマスター・シリーズの第一作「走れスパイ(Run Spy Run)」は1964年に発表され、それ以降1990年まで260編以上の作品が書かれた。
rdfs:label
  • ニック・カーター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of