Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニシクロカジキ(学名:Makaira nigricans)は大西洋に固有のカジキの一種である。本種は海面近くの幅広い種類の生物を捕食する。本種は魚などの群れを突き抜けて泳ぐ間に、吻を使って獲物を気絶させたり傷つけたりしてから、戻ってきてその獲物を捕食することが知られている。ゲームフィッシングの対象になり、肉には脂肪が豊富に含まれるため一部の市場では商業価値が高い。本種は大西洋の熱帯、亜熱帯、温帯域に分布するが、インド洋と太平洋の熱帯、亜熱帯域に分布するクロカジキを本種と同種とすることもある。近年行われた遺伝的研究を根拠に二種を同種とする研究者も多いが、こういった研究には問題点も指摘されているため本項では別種として扱うことにする。メスはオスの4倍の体重にまで成長することがある。記録されている最大の体重は818kgで、最大の体長は5mである。ニシクロカジキの成魚を捕食するのは、ほぼ人間だけである。本種はゲームフィッシングの対象となる他、本種を目的とした漁業、あるいはマグロ漁における混獲によって捕獲され、IUCNによって乱獲のため絶滅のおそれがある危急種(VU)と評価されている。英名はAtlantic blue marlinだが、単にBlue marlinと呼ぶことも多い。その他の呼び名として英語ではCuban black marlin、ocean guard(海の番人)、ocean gar(海のガー)があり、キューバではCasteroあるいはAguja de casteと、マデイラ諸島ではPeitoと呼ばれることもある。
dbpedia-owl:binomial
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:colourName
  • 動物界
dbpedia-owl:conservationStatus
  • VU
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:synonym
  • など
  • * Histiophorus herschelii (J. E. Gray, 1838)
  • * Makaira ampla (Poey, 1860)
  • * Makaira ampla ampla (Poey, 1860)
  • * Makaira bermudae (Mowbray, 1931)
  • * Makaira herschelii (J. E. Gray, 1838)
  • * Makaira nigricans ampla (Poey, 1860)
  • * Makaira nigricans nigricans (Lacepède, 1802)
  • * Orthocraeros bermudae (Mowbray, 1931)
  • * Tetrapturus amplus (Poey, 1860)
  • * Tetrapturus herschelii (J. E. Gray, 1838)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3052457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54918165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • VU
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • * Makaira nigricans nigricans (Lacepède, 1802) * Tetrapturus herschelii * Histiophorus herschelii * Makaira herschelii * Tetrapturus amplus * Makaira ampla * Makaira ampla ampla * Makaira nigricans ampla * Makaira bermudae * Orthocraeros bermudae など
prop-ja:亜目
  • カジキ亜目 Xiphioidei
prop-ja:亜門
prop-ja:名称
  • ニシクロカジキ
prop-ja:学名
  • Lacépède,1802
  • Makaira nigricans
prop-ja:
  • Lacépède,1802
  • クロカジキ属 Makaira
prop-ja:生息図
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:生息図キャプション
  • 生息地
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • Makaira nigricans
  • ニシクロカジキ
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • マカジキ科 Istiophoridae
prop-ja:
  • ニシクロカジキ Makaira nigricans
prop-ja:
prop-ja:
  • 動物界
prop-ja:英名
prop-ja:
dc:description
  • Makaira nigricans
  • ニシクロカジキ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニシクロカジキ(学名:Makaira nigricans)は大西洋に固有のカジキの一種である。本種は海面近くの幅広い種類の生物を捕食する。本種は魚などの群れを突き抜けて泳ぐ間に、吻を使って獲物を気絶させたり傷つけたりしてから、戻ってきてその獲物を捕食することが知られている。ゲームフィッシングの対象になり、肉には脂肪が豊富に含まれるため一部の市場では商業価値が高い。本種は大西洋の熱帯、亜熱帯、温帯域に分布するが、インド洋と太平洋の熱帯、亜熱帯域に分布するクロカジキを本種と同種とすることもある。近年行われた遺伝的研究を根拠に二種を同種とする研究者も多いが、こういった研究には問題点も指摘されているため本項では別種として扱うことにする。メスはオスの4倍の体重にまで成長することがある。記録されている最大の体重は818kgで、最大の体長は5mである。ニシクロカジキの成魚を捕食するのは、ほぼ人間だけである。本種はゲームフィッシングの対象となる他、本種を目的とした漁業、あるいはマグロ漁における混獲によって捕獲され、IUCNによって乱獲のため絶滅のおそれがある危急種(VU)と評価されている。英名はAtlantic blue marlinだが、単にBlue marlinと呼ぶことも多い。その他の呼び名として英語ではCuban black marlin、ocean guard(海の番人)、ocean gar(海のガー)があり、キューバではCasteroあるいはAguja de casteと、マデイラ諸島ではPeitoと呼ばれることもある。
rdfs:label
  • ニシクロカジキ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ニシクロカジキ
  • Atlantic blue marlin
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of