Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Person/height
  • 185.0
dbpedia-owl:Person/weight
  • 80.0
dbpedia-owl:abstract
  • ニコ・クラニチャール(Niko Kranjčar、1984年8月13日 - )は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現クロアチア)・ザグレブ出身のサッカー選手。クロアチア代表にも選出されている。ウクライナ・プレミア・ディビジョンのFCディナモ・キエフ所属。ポジションはミッドフィールダー。NKディナモ・ザグレブでデビュー後、2005年にライバルのハイドゥク・スプリトに移籍し、国内の2つのビッグクラブでプレイを経験した。移籍は議論を呼んだが、2006年の夏にポーツマスFCに移籍し、すぐにハイドゥク・スプリトを離れた。ポーツマスでは中心選手として活躍を続けたが、2009年9月にポーツマスの監督を務めていたハリー・レドナップが指揮を執るトッテナム・ホットスパーFCへ移籍した。ロベルト・プロシネチキの後継者として脚光を浴び、父ズラトコが監督を務めていた2004年8月にA代表デビューを飾った。以後、2006 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2008、UEFA EURO 2012と主要大会に3度出場した。父がSKラピード・ウィーンに所属していたため、幼少期をオーストリアで過ごしたクラニチャールはオーストリアのパスポートを所持している。そのため、EU圏内の選手と同じ扱いを受ける。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1984-08-13 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:commonName
  • ニコ・クラニチャール
dbpedia-owl:height
  • 1.850000 (xsd:double)
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:team
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:weight
  • 80000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390738 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57826920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • - 出場大会
prop-ja:titlestyle
  • background:white; color:red; border:1px solid red
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルファベット表記
  • Niko Kranjčar
prop-ja:クラブ
  • ポーツマス
  • トッテナム・ホットスパー
  • ディナモ・ザグレブ
  • ディナモ・キエフ
  • ハイドゥク・スプリト
  • → QPR
prop-ja:クラブ成績更新日
  • --06-30
prop-ja:ポジション
prop-ja:ユースクラブ
  • ラピード・ウィーン
  • ディナモ・ザグレブ
prop-ja:代表
  • U-21
  • U-19
  • U-16/17
prop-ja:代表出場
  • 7 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 81 (xsd:integer)
prop-ja:代表年
  • 2000 (xsd:integer)
  • 2001 (xsd:integer)
  • 2002 (xsd:integer)
  • 2004 (xsd:integer)
prop-ja:代表得点
  • 2 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:代表成績更新日
  • --10-15
prop-ja:体重
  • 80.0
prop-ja:出場
  • 13 (xsd:integer)
  • 22 (xsd:integer)
  • 29 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 72 (xsd:integer)
  • 83 (xsd:integer)
  • 84 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 25 (xsd:integer)
  • クロアチア
prop-ja:利き足
  • 右足
prop-ja:名前
  • ニコ・クラニチャール
prop-ja:
  • 2001 (xsd:integer)
  • 2005 (xsd:integer)
  • 2006 (xsd:integer)
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2012 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:得点
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:所属チーム名
  • FCディナモ・キエフ
prop-ja:画像
  • Niko Kranjčar 2012.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1984-08-13 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 185.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニコ・クラニチャール(Niko Kranjčar、1984年8月13日 - )は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現クロアチア)・ザグレブ出身のサッカー選手。クロアチア代表にも選出されている。ウクライナ・プレミア・ディビジョンのFCディナモ・キエフ所属。ポジションはミッドフィールダー。NKディナモ・ザグレブでデビュー後、2005年にライバルのハイドゥク・スプリトに移籍し、国内の2つのビッグクラブでプレイを経験した。移籍は議論を呼んだが、2006年の夏にポーツマスFCに移籍し、すぐにハイドゥク・スプリトを離れた。ポーツマスでは中心選手として活躍を続けたが、2009年9月にポーツマスの監督を務めていたハリー・レドナップが指揮を執るトッテナム・ホットスパーFCへ移籍した。ロベルト・プロシネチキの後継者として脚光を浴び、父ズラトコが監督を務めていた2004年8月にA代表デビューを飾った。以後、2006 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2008、UEFA EURO 2012と主要大会に3度出場した。父がSKラピード・ウィーンに所属していたため、幼少期をオーストリアで過ごしたクラニチャールはオーストリアのパスポートを所持している。そのため、EU圏内の選手と同じ扱いを受ける。
rdfs:label
  • ニコ・クラニチャール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Niko Kranjčar
  • ニコ・クラニチャール
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:name of
is prop-ja:名前 of
is foaf:primaryTopic of