Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク Mikołaj Kopernik、1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な再発見とされる。太陽中心説をはじめて唱えたのは紀元前三世紀のサモスのアリスタルコスである。コペルニクスはまた、教会では司教座聖堂参事会員(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。暫定的に領主司祭を務めたこともある。1965年より発行されていた1000ズウォティ紙幣に彼の肖像が使用されていた。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1543-05-24 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58797469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthPlace
prop-ja:deathDate
  • 1543-05-24 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:field
prop-ja:influences
prop-ja:name
  • ニコラウス・コペルニクス
  • (Nicolaus Copernicus)
prop-ja:religion
prop-ja:signature
  • Autograph-MikolajKopernik.svg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク Mikołaj Kopernik、1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な再発見とされる。太陽中心説をはじめて唱えたのは紀元前三世紀のサモスのアリスタルコスである。コペルニクスはまた、教会では司教座聖堂参事会員(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。暫定的に領主司祭を務めたこともある。1965年より発行されていた1000ズウォティ紙幣に彼の肖像が使用されていた。
rdfs:label
  • ニコラウス・コペルニクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ニコラウス・コペルニクス
  • (Nicolaus Copernicus)
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:eponym of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of