Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニコライ2世(русский: Николай II, ラテン文字転写: Nicholai II、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、русский: Николай Александрович Романов, ラテン文字転写: Nicholai Aleksandrovich Romanov、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58770946 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:before
prop-ja:rows
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • ロシア皇帝
  • ロシアの元首
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1894 (xsd:integer)
prop-ja:サイン
  • Nicholas II Signature.svg
prop-ja:人名
  • ニコライ2世
prop-ja:全名
  • ニコライ・アレクサンドロヴィチ
prop-ja:出生日
  • 1868-05-18 (xsd:date)
prop-ja:君主号
  • ロシア皇帝
prop-ja:在位
  • --11-01
prop-ja:埋葬地
  • 、サンクトペテルブルク、ペトロパヴロフスキー大聖堂
prop-ja:埋葬日
  • --07-17
prop-ja:宗教
  • キリスト教正教会
prop-ja:戴冠日
  • --05-26
prop-ja:死亡日
  • 1918-07-17 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、エカテリンブルク、イパチェフ館
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • 、ツァールスコエ・セロー
prop-ja:画像
  • Nicholas II, Tsar.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ニコライ2世(1914年)
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニコライ2世(русский: Николай II, ラテン文字転写: Nicholai II、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、русский: Николай Александрович Романов, ラテン文字転写: Nicholai Aleksandrovich Romanov、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。
rdfs:label
  • ニコライ2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:元首 of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:結果 of
is prop-ja:著名な人物 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of