Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニコライ・ミハイロヴィチ(Никола́й Миха́йлович, 1859年4月26日 - 1919年1月28日)は、ロシア帝国の皇族、ロシア大公。ニコライ1世の孫息子の一人で、アレクサンドル3世の従弟。著名な歴史学者であり、特にアレクサンドル1世統治期のロシア史の研究に多大な貢献をした。ニコライの歴史研究は、ロシア語とフランス語で発表されていた。アカデミー・フランセーズの会員であり、ベルリン大学から歴史学と哲学の名誉博士号を、モスクワ大学から歴史学の名誉博士号をそれぞれ授与されていたほか、さらにロシア帝国歴史学協会、ロシア帝国果樹栽培学協会、ロシア地理学協会の会長を務めていた。政治的には自由主義者だったが、後に彼自身のいう「権威主義的共和主義」志向へと変わっていった。ロシアの既存の体制内での改革運動を続けていたため、皇族からは変人扱いされていた。また改革派ゆえに、ニコライの業績に対する評価は、国内よりも国外での方が高かった。自由主義者であったニコライはニコライ2世の皇后アレクサンドラ・フョードロヴナに嫌われ、そのためニコライ2世の治世晩期には皇帝の信任を失った。ロシアの政情が悪化していく中で、ニコライは皇帝に改革を要求し続け、宮廷革命の議論に参加することまでした。帝政が崩壊すると、ニコライはヴォログダに幽閉された。その後ボリシェヴィキ政府に拘束されてペトログラードに送られ、ペトロパヴロフスク要塞の外で、弟のゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、従弟のドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公およびパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公とともに銃殺された。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1859-04-26 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1919-01-28 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2011722 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59170693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ニコライ・ミハイロヴィチ
prop-ja:出生日
  • 1859-04-26 (xsd:date)
prop-ja:家名・爵位
prop-ja:死亡日
  • 1919-01-28 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、ペトログラード
prop-ja:父親
prop-ja:生地
  • 、ツァールスコエ・セロー
prop-ja:画像
  • Michael Nicholaievich Grand Duke of Russia.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ニコライ・ミハイロヴィチ(1880年代)
prop-ja:称号
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニコライ・ミハイロヴィチ(Никола́й Миха́йлович, 1859年4月26日 - 1919年1月28日)は、ロシア帝国の皇族、ロシア大公。ニコライ1世の孫息子の一人で、アレクサンドル3世の従弟。著名な歴史学者であり、特にアレクサンドル1世統治期のロシア史の研究に多大な貢献をした。ニコライの歴史研究は、ロシア語とフランス語で発表されていた。アカデミー・フランセーズの会員であり、ベルリン大学から歴史学と哲学の名誉博士号を、モスクワ大学から歴史学の名誉博士号をそれぞれ授与されていたほか、さらにロシア帝国歴史学協会、ロシア帝国果樹栽培学協会、ロシア地理学協会の会長を務めていた。政治的には自由主義者だったが、後に彼自身のいう「権威主義的共和主義」志向へと変わっていった。ロシアの既存の体制内での改革運動を続けていたため、皇族からは変人扱いされていた。また改革派ゆえに、ニコライの業績に対する評価は、国内よりも国外での方が高かった。自由主義者であったニコライはニコライ2世の皇后アレクサンドラ・フョードロヴナに嫌われ、そのためニコライ2世の治世晩期には皇帝の信任を失った。ロシアの政情が悪化していく中で、ニコライは皇帝に改革を要求し続け、宮廷革命の議論に参加することまでした。帝政が崩壊すると、ニコライはヴォログダに幽閉された。その後ボリシェヴィキ政府に拘束されてペトログラードに送られ、ペトロパヴロフスク要塞の外で、弟のゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、従弟のドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公およびパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公とともに銃殺された。
rdfs:label
  • ニコライ・ミハイロヴィチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ニコライ・ミハイロヴィチ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of