Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニコライ・ガヴリーロヴィチ・チェルヌイシェフスキー(Николай Гаврилович Чернышевский、Nikolai Gavrilovich Chernyshevskii、1828年7月24日 - 1889年10月29日)は、ロシアの「革命的民主主義者」、哲学者、経済学者。ナロードニキ運動の創設者の一人。マルクスとレーニンによって高く評価された。空想的社会主義の影響を強く受けている。同時代のロシアの小説家ドストエフスキーも参加していたペトラシェフスキー・サークルに参加していた。1861年に廃止された農奴制の撤廃では、当時のインテリゲンチアの先頭に立って活動した。1862年逮捕され、1864年、終身刑となり約20年間をシベリアの流刑地ヴィリュイスクでおくった。1863年に獄中で著した長編小説「何をなすべきか」は出版後すぐに発禁処分となったが、ナロードニキの革命理論に基づくユートピア小説が、当時のロシア青年に大きな影響を与えた。ロシア革命の指導者レーニンが同名の本を著すなど愛読していたことで有名。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 304148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53624680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニコライ・ガヴリーロヴィチ・チェルヌイシェフスキー(Николай Гаврилович Чернышевский、Nikolai Gavrilovich Chernyshevskii、1828年7月24日 - 1889年10月29日)は、ロシアの「革命的民主主義者」、哲学者、経済学者。ナロードニキ運動の創設者の一人。マルクスとレーニンによって高く評価された。空想的社会主義の影響を強く受けている。同時代のロシアの小説家ドストエフスキーも参加していたペトラシェフスキー・サークルに参加していた。1861年に廃止された農奴制の撤廃では、当時のインテリゲンチアの先頭に立って活動した。1862年逮捕され、1864年、終身刑となり約20年間をシベリアの流刑地ヴィリュイスクでおくった。1863年に獄中で著した長編小説「何をなすべきか」は出版後すぐに発禁処分となったが、ナロードニキの革命理論に基づくユートピア小説が、当時のロシア青年に大きな影響を与えた。ロシア革命の指導者レーニンが同名の本を著すなど愛読していたことで有名。
rdfs:label
  • ニコライ・チェルヌイシェフスキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is foaf:primaryTopic of