Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニコライ・ミハイロヴィチ・カラムジン(ロシア語:Николай Михайлович Карамзин、ラテン文字:Nikolay Mikhailovich Karamzin、1766年12月12日(旧暦:12月1日) - 1826年6月3日(旧暦:5月22日))は、ロシア帝国(現:ロシア)オレンブルク出身の貴族、小説家、詩人、歴史家、評論家。文章語の改革に尽力した。大著に1816年からカラムジンが亡くなるまで著された全12巻からなる『ロシア国家史』(ru:История государства российского)がある。ロシア文学に於ける散文を同国の思想家、貴族であるアレクサンドル・ラジーシチェフと共に開拓した。また、1792年に著されたカラムジンの主著『哀れなリーザ』『貴族の娘ナターリア』はロシアに於ける啓蒙主義、主情主義(センチメンタリズム)を代表する作品である。同国の詩人、作家であるアレクサンドル・プーシキンの伯父ヴァシリー・プーシキンと親しかった。また、ロマン主義の詩人であるヴァシーリー・ジュコーフスキーとも親しかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2667895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57833940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニコライ・ミハイロヴィチ・カラムジン(ロシア語:Николай Михайлович Карамзин、ラテン文字:Nikolay Mikhailovich Karamzin、1766年12月12日(旧暦:12月1日) - 1826年6月3日(旧暦:5月22日))は、ロシア帝国(現:ロシア)オレンブルク出身の貴族、小説家、詩人、歴史家、評論家。文章語の改革に尽力した。大著に1816年からカラムジンが亡くなるまで著された全12巻からなる『ロシア国家史』(ru:История государства российского)がある。ロシア文学に於ける散文を同国の思想家、貴族であるアレクサンドル・ラジーシチェフと共に開拓した。また、1792年に著されたカラムジンの主著『哀れなリーザ』『貴族の娘ナターリア』はロシアに於ける啓蒙主義、主情主義(センチメンタリズム)を代表する作品である。同国の詩人、作家であるアレクサンドル・プーシキンの伯父ヴァシリー・プーシキンと親しかった。また、ロマン主義の詩人であるヴァシーリー・ジュコーフスキーとも親しかった。
rdfs:label
  • ニコライ・カラムジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of