Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニコストラトス(希:Νικόστρατος、ラテン文字転記:Nicostratos)は、ギリシア人に見られる男性名である。アテナイ人ニコストラトス (アテナイの将軍) - 紀元前5世紀のアテナイの将軍。アテナイ人で、「美男」(kalos)と称された人物。紀元前403年の内戦においてトラシュブロスの軍によって寝床の中にいたところを殺された。エウブリデスに対するデモステネスの演説で言及された人物で、二人いる。一人は、ニキアデスの子で、他方はエウブリデスの機関を通して市民の中に密かに登録された外国人である。アテナイ人で、アッティカから離れて死に、ある程度の財産を残した。イサイオスに関する訴訟において演説を書いた党派の一人。忘恩と愛想の悪い振る舞いのためにデモステネスを告発したアポロドロスのためにデモステネスを弾劾する演説を描いたアテナイ人。彼については、演説そのものにおいて言及した出来事以上のことは知られていない。ニコストラトス (アルゴスの将軍) - 紀元前4世紀のアルゴスの軍人。ニコストラトス (喜劇詩人) - 喜劇詩人でアリストファネスの三男。アレクサンドロス3世に仕えた家臣で、アレクサンドロスがヘルモラオスを辱めた復讐でソストラトスと共にアレクサンドロス暗殺の陰謀に参加した一人。ポリュビオスによって一度ならず述べられたアイトリアのトリコネの生まれの人で、ラタボスという名の男との共同で協定の妨害と和平の時に、パン・ボイオティア人会議における非道な攻撃を行った。キオス沖のピリッポス5世との紀元前201年の海戦で艦隊を指揮したロドス人。紀元前168年に彼はロドス人によってルキウス・アエミリウスとペルセウスの許へと送られた使節の一人になった。紀元前197年のアカイア同盟の法務官。ナビスの提案によるミュケナイでの会議に出席し、フラミニヌスとアッタロス2世による会議にも出席した。アカイア人の側で彼はナビスとの4ヶ月間の休戦条約を締結した。その同年にニコストラトスはシキュオンで挙兵し、うまく練られた戦術によってピリッポス5世の軍を破り、コリントスをアンドロステネスの指揮下に置いた。キリキア生まれの人で、名家の男。彼が人生についてはクインティリアヌスの発言から拾い集められ、クィンクティリアヌスは若い頃に年寄りだったニコストラトスを見た。少年だった頃にニコストラトスは海賊によって拉致されてアイゲアイに行き、その地で彼は幾人かの人によって購入された。ニコストラトスは腕っ節と勇気のために名声を得て、オリュンピア祭の一つにおいて同日にレスリングとパンクラティオンにおいて優勝した。ディオゲネス・ラエルティオスによって言及された劇作家で、「クリュタイムネストラ」とあだ名された。紀元前420年より前に生きた悲劇役者。彼はスーダ辞典でアリストファネスの子と混同されている。マルクス・アウレリウス・アントニヌスの時代に生きたマケドニア生まれの修辞学者で、二流とされた演説家。スーダ辞典によれば彼は『デカミュティア』、『エイコネス』、『ポリュミュティア』、『海の骨折り人』、そしていくつかの他の作品、ローマ皇帝への賛美、そして様々な他のものを描いた。彼のミュトイのいくつかは劇の形式である。フィロストラトスは彼の文体の上品さを賞賛した。トラペゾス生まれの人で、アウレリアヌスの治世下で生きた。彼はピリップス・アラブスの事績、紀元前259年のサーサーン朝ペルシアの王シャープール1世に対するウァレリアヌスの遠征の時までの、デキウス、ガルス、ウァレリアヌス、そしてその子ガリエヌスについて書いた。ケンソリヌスのものとされる断片で言及された音楽についての著者。死んだ時に大量のシュロソウを高級娼婦に残したと若アンティファネスによって言及された医者。それによって彼女はアンティキュラというあだ名を得た。彼はひょっとしたら医学的な処方をアンドロマコスと他の者たちによって頻繁に引用された同一人物かもしれず、したがって、紀元後の最初の世紀ないしその少し前に生きていたかもしれない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2339430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56110234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニコストラトス(希:Νικόστρατος、ラテン文字転記:Nicostratos)は、ギリシア人に見られる男性名である。アテナイ人ニコストラトス (アテナイの将軍) - 紀元前5世紀のアテナイの将軍。アテナイ人で、「美男」(kalos)と称された人物。紀元前403年の内戦においてトラシュブロスの軍によって寝床の中にいたところを殺された。エウブリデスに対するデモステネスの演説で言及された人物で、二人いる。一人は、ニキアデスの子で、他方はエウブリデスの機関を通して市民の中に密かに登録された外国人である。アテナイ人で、アッティカから離れて死に、ある程度の財産を残した。イサイオスに関する訴訟において演説を書いた党派の一人。忘恩と愛想の悪い振る舞いのためにデモステネスを告発したアポロドロスのためにデモステネスを弾劾する演説を描いたアテナイ人。彼については、演説そのものにおいて言及した出来事以上のことは知られていない。ニコストラトス (アルゴスの将軍) - 紀元前4世紀のアルゴスの軍人。ニコストラトス (喜劇詩人) - 喜劇詩人でアリストファネスの三男。アレクサンドロス3世に仕えた家臣で、アレクサンドロスがヘルモラオスを辱めた復讐でソストラトスと共にアレクサンドロス暗殺の陰謀に参加した一人。ポリュビオスによって一度ならず述べられたアイトリアのトリコネの生まれの人で、ラタボスという名の男との共同で協定の妨害と和平の時に、パン・ボイオティア人会議における非道な攻撃を行った。キオス沖のピリッポス5世との紀元前201年の海戦で艦隊を指揮したロドス人。紀元前168年に彼はロドス人によってルキウス・アエミリウスとペルセウスの許へと送られた使節の一人になった。紀元前197年のアカイア同盟の法務官。ナビスの提案によるミュケナイでの会議に出席し、フラミニヌスとアッタロス2世による会議にも出席した。アカイア人の側で彼はナビスとの4ヶ月間の休戦条約を締結した。その同年にニコストラトスはシキュオンで挙兵し、うまく練られた戦術によってピリッポス5世の軍を破り、コリントスをアンドロステネスの指揮下に置いた。キリキア生まれの人で、名家の男。彼が人生についてはクインティリアヌスの発言から拾い集められ、クィンクティリアヌスは若い頃に年寄りだったニコストラトスを見た。少年だった頃にニコストラトスは海賊によって拉致されてアイゲアイに行き、その地で彼は幾人かの人によって購入された。ニコストラトスは腕っ節と勇気のために名声を得て、オリュンピア祭の一つにおいて同日にレスリングとパンクラティオンにおいて優勝した。ディオゲネス・ラエルティオスによって言及された劇作家で、「クリュタイムネストラ」とあだ名された。紀元前420年より前に生きた悲劇役者。彼はスーダ辞典でアリストファネスの子と混同されている。マルクス・アウレリウス・アントニヌスの時代に生きたマケドニア生まれの修辞学者で、二流とされた演説家。スーダ辞典によれば彼は『デカミュティア』、『エイコネス』、『ポリュミュティア』、『海の骨折り人』、そしていくつかの他の作品、ローマ皇帝への賛美、そして様々な他のものを描いた。彼のミュトイのいくつかは劇の形式である。フィロストラトスは彼の文体の上品さを賞賛した。トラペゾス生まれの人で、アウレリアヌスの治世下で生きた。彼はピリップス・アラブスの事績、紀元前259年のサーサーン朝ペルシアの王シャープール1世に対するウァレリアヌスの遠征の時までの、デキウス、ガルス、ウァレリアヌス、そしてその子ガリエヌスについて書いた。ケンソリヌスのものとされる断片で言及された音楽についての著者。死んだ時に大量のシュロソウを高級娼婦に残したと若アンティファネスによって言及された医者。それによって彼女はアンティキュラというあだ名を得た。彼はひょっとしたら医学的な処方をアンドロマコスと他の者たちによって頻繁に引用された同一人物かもしれず、したがって、紀元後の最初の世紀ないしその少し前に生きていたかもしれない。
rdfs:label
  • ニコストラトス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of