Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニガナ(苦菜、黄瓜菜、学名:Ixeris dentata)は、キク科の多年草である。路傍・田畑・山野に普通で環境により多形を示し、日本全土、東アジアの温〜亜熱帯に分布する。高さ約40〜70cmで、茎は上部が枝分れし白汁を有し、苦味が多く、和名の由来にもなっている。根出葉は柄が長く、茎葉は基部が茎を抱き、下のものほど細長い。5〜7月に、黄色の5弁花に見える舌状花を5〜7個もつ頭花を散状に開く。沖縄料理で野菜として利用する「ニガナ」(ンジャナ)はホソバワダンという別種である。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgreen
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 279772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59056360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亜綱
  • キク亜綱
prop-ja:分類体系
prop-ja:名称
  • ニガナ
prop-ja:和名
  • ニガナ
prop-ja:
  • ニガナ属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 植物界
prop-ja:
  • キク目
prop-ja:
  • キク科
prop-ja:
  • ニガナ
prop-ja:
  • 双子葉植物綱
prop-ja:
  • lightgreen
prop-ja:
  • 被子植物門
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニガナ(苦菜、黄瓜菜、学名:Ixeris dentata)は、キク科の多年草である。路傍・田畑・山野に普通で環境により多形を示し、日本全土、東アジアの温〜亜熱帯に分布する。高さ約40〜70cmで、茎は上部が枝分れし白汁を有し、苦味が多く、和名の由来にもなっている。根出葉は柄が長く、茎葉は基部が茎を抱き、下のものほど細長い。5〜7月に、黄色の5弁花に見える舌状花を5〜7個もつ頭花を散状に開く。沖縄料理で野菜として利用する「ニガナ」(ンジャナ)はホソバワダンという別種である。
rdfs:label
  • ニガナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ニガナ
is dbpedia-owl:species of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of