Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニオベー(古希: Νιόβη, Niobē)は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してニオベとも表記される。父はゼウスの子タンタロス、母はディオーネー。ゼウスとアンティオペーの息子であるテーバイ王アムピーオーンの妃。ゼウスの血を引く男児7人女児7人の多子を自慢したため女神レートーの怒りを買い、アポローンとアルテミスに子を全員殺された。嘆き悲しむニオベーの涙はとまらず、ゼウスに願い自身を石に変えた(変えられたなど諸説あり)。または、子殺しを後悔したレートーがニオベーを哀れみ石に変えたともいわれる。しかし石になっても泣き止む事はなかったという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 645443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58899679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニオベー(古希: Νιόβη, Niobē)は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してニオベとも表記される。父はゼウスの子タンタロス、母はディオーネー。ゼウスとアンティオペーの息子であるテーバイ王アムピーオーンの妃。ゼウスの血を引く男児7人女児7人の多子を自慢したため女神レートーの怒りを買い、アポローンとアルテミスに子を全員殺された。嘆き悲しむニオベーの涙はとまらず、ゼウスに願い自身を石に変えた(変えられたなど諸説あり)。または、子殺しを後悔したレートーがニオベーを哀れみ石に変えたともいわれる。しかし石になっても泣き止む事はなかったという。
rdfs:label
  • ニオベー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of