Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ナラティブセラピー(物語療法、英語: Narrative therapy)とは、社会構成主義やポストモダンの影響を受けて練磨されつつある精神療法の一種である。治療者とクライエントの対等性を旨とし、クライエントの自主性に任せて自由に記憶を語らせることによって、単なる症状の除去から人生観の転換に至るまで、幅広い改善を起こさせることを目的とするもの。PTSDやアダルトサヴァイヴァーの治療に広く用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1567215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58277411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:meshid
  • D062525
prop-ja:meshyear
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ナラティブセラピー
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ナラティブセラピー(物語療法、英語: Narrative therapy)とは、社会構成主義やポストモダンの影響を受けて練磨されつつある精神療法の一種である。治療者とクライエントの対等性を旨とし、クライエントの自主性に任せて自由に記憶を語らせることによって、単なる症状の除去から人生観の転換に至るまで、幅広い改善を起こさせることを目的とするもの。PTSDやアダルトサヴァイヴァーの治療に広く用いられる。
rdfs:label
  • ナラティブセラピー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of