Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』 (ナポレオンいっせいのたいかんしきとこうひジョゼフィーヌのたいかん、フランス語: Le Sacre de Napoléon)は、ナポレオン1世の首席画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより描かれた油彩画で、1807年に完成された。『ナポレオンの戴冠式』とも呼ばれる。幅10メートル (33 ft)、高さ6メートル (20 ft)ほどの大作で、歴史的局面を印象的に表現している。 ナポレオン1世の即位式は、パリのノートルダム大聖堂で行われた。その目的は、ナポレオンが「フランス人民の皇帝」として革命を引き継ぐ者であると示威することにあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3235521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57150167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:heightMetric
  • 6.210000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Jacques-Louis David, The Coronation of Napoleon edit.jpg
prop-ja:imageSize
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:imperialUnit
  • ftin
prop-ja:metricUnit
  • m
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Le Sacre de Napoléon
prop-ja:title
  • ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
prop-ja:type
prop-ja:widthMetric
  • 9.790000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1805 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』 (ナポレオンいっせいのたいかんしきとこうひジョゼフィーヌのたいかん、フランス語: Le Sacre de Napoléon)は、ナポレオン1世の首席画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより描かれた油彩画で、1807年に完成された。『ナポレオンの戴冠式』とも呼ばれる。幅10メートル (33 ft)、高さ6メートル (20 ft)ほどの大作で、歴史的局面を印象的に表現している。 ナポレオン1世の即位式は、パリのノートルダム大聖堂で行われた。その目的は、ナポレオンが「フランス人民の皇帝」として革命を引き継ぐ者であると示威することにあった。
rdfs:label
  • ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of