Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ナフダトゥル・ウラマー(Nahdlatul Ulama、略称NU)とは、インドネシアのイスラーム系組織である。オランダ領東インド時代の1926年、東部ジャワのスラバヤで、ウラマーたちを中心に、ヒッタ(Khittah、闘争の基本的方針などの意味)を定めて創設された。名称は、インドネシア語で、「ウラマーの復興」を意味する。組織の性格として、同じくインドネシアのイスラーム系団体ムハマディヤと比較した場合、保守的側面を持っており、宗教教育と周辺共同体の福祉向上といった活動を中心的に行なっている。その活動拠点となっているのは、中東部ジャワの農村各地に存在するプサントレン(イスラム寄宿学校)であり、このジャワ以外にも活動拠点がある。インドネシアで最大規模の動員力を持つイスラーム団体である。組織としては各地のウラマーの自立性を尊重するゆるやかな連合体であり、NUとしての指導部の選出、活動方針、イスラム法の解釈についての議論と決定は、5年に1度の大会で決定されている。スハルト政権崩壊後、NUを支持基盤とする民族覚醒党(PKB)が発足し、ながくNU総裁を務めたアブドゥルラフマン・ワヒドが同党からインドネシア第4代大統領に就任した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 674428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47125471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ナフダトゥル・ウラマー(Nahdlatul Ulama、略称NU)とは、インドネシアのイスラーム系組織である。オランダ領東インド時代の1926年、東部ジャワのスラバヤで、ウラマーたちを中心に、ヒッタ(Khittah、闘争の基本的方針などの意味)を定めて創設された。名称は、インドネシア語で、「ウラマーの復興」を意味する。組織の性格として、同じくインドネシアのイスラーム系団体ムハマディヤと比較した場合、保守的側面を持っており、宗教教育と周辺共同体の福祉向上といった活動を中心的に行なっている。その活動拠点となっているのは、中東部ジャワの農村各地に存在するプサントレン(イスラム寄宿学校)であり、このジャワ以外にも活動拠点がある。インドネシアで最大規模の動員力を持つイスラーム団体である。組織としては各地のウラマーの自立性を尊重するゆるやかな連合体であり、NUとしての指導部の選出、活動方針、イスラム法の解釈についての議論と決定は、5年に1度の大会で決定されている。スハルト政権崩壊後、NUを支持基盤とする民族覚醒党(PKB)が発足し、ながくNU総裁を務めたアブドゥルラフマン・ワヒドが同党からインドネシア第4代大統領に就任した。
rdfs:label
  • ナフダトゥル・ウラマー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of