Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ナトリウムビス(トリメチルシリル)アミド (sodium bis(trimethylsilyl)amide)は、化学式 ((CH3)3Si)2NNa の有機化合物。ヘキサメチルジシラザンナトリウム(sodium hexamethyldisilazide、NaHMDS)とも呼ばれる。強力な塩基性をもつ有機金属化合物であり、脱プロトン化反応や塩基触媒として用いられる。NaHMDSの有利な点は、固体として入手でき、脂溶性のトリメチルシリル基によって広範囲の非極性溶媒に溶解するという点である。NaHMDSは、水によって即座に分解し、水酸化ナトリウムとビス(トリメチルシリル)アミンを形成する。
dbpedia-owl:iupacName
  • ナトリウムビス(トリメチルシリル)アミド
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1497967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53395678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Sodium bisamide-3d.png
  • Sodium_bisamide.png
prop-ja:imagename
  • Sodium bisamide
prop-ja:iupacname
  • ナトリウムビスアミド
prop-ja:name
  • ナトリウムビスアミド
prop-ja:othernames
  • NaHMDS
  • ヘキサメチルジシラザンナトリウム
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ナトリウムビス(トリメチルシリル)アミド (sodium bis(trimethylsilyl)amide)は、化学式 ((CH3)3Si)2NNa の有機化合物。ヘキサメチルジシラザンナトリウム(sodium hexamethyldisilazide、NaHMDS)とも呼ばれる。強力な塩基性をもつ有機金属化合物であり、脱プロトン化反応や塩基触媒として用いられる。NaHMDSの有利な点は、固体として入手でき、脂溶性のトリメチルシリル基によって広範囲の非極性溶媒に溶解するという点である。NaHMDSは、水によって即座に分解し、水酸化ナトリウムとビス(トリメチルシリル)アミンを形成する。
rdfs:label
  • ナトリウムビス(トリメチルシリル)アミド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • NaHMDS
  • ヘキサメチルジシラザンナトリウム
  • ナトリウムビス(トリメチルシリル)アミド
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of