Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ナイロン(Nylon)は、ポリアミド合成繊維の種類である。世界初の合成繊維のナイロン6,6(6,6-ナイロンなどとも)が含まれる。1935年、アメリカのデュポン社のウォーレス・カロザースが合成に成功した。ナイロンは本来、インビスタ社(旧デュポン・テキスタイル・アンド・インテリア社)の商品名だが、現在ではポリアミド系繊維(単量体がアミド結合 (-CO-NH-) により次々に縮合した高分子)の総称として定着している。種類としては、ナイロン6、ナイロン6,6、ナイロン4,6などがある。これらの数字は、合成原料の炭素原子の数に由来する。構造(右図)は、 ナイロン6:{CO-(CH2)5-NH}n ナイロン6,6:{CO-(CH2)4-CO-NH-(CH2)6-NH}n
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1860802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58049673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ナイロン(Nylon)は、ポリアミド合成繊維の種類である。世界初の合成繊維のナイロン6,6(6,6-ナイロンなどとも)が含まれる。1935年、アメリカのデュポン社のウォーレス・カロザースが合成に成功した。ナイロンは本来、インビスタ社(旧デュポン・テキスタイル・アンド・インテリア社)の商品名だが、現在ではポリアミド系繊維(単量体がアミド結合 (-CO-NH-) により次々に縮合した高分子)の総称として定着している。種類としては、ナイロン6、ナイロン6,6、ナイロン4,6などがある。これらの数字は、合成原料の炭素原子の数に由来する。構造(右図)は、 ナイロン6:{CO-(CH2)5-NH}n ナイロン6,6:{CO-(CH2)4-CO-NH-(CH2)6-NH}n
rdfs:label
  • ナイロン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:creator of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:作画 of
is foaf:primaryTopic of