Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ナイキ・ケイジャン(Nike-Cajun)はアメリカの2段式固体燃料観測ロケット。下段にナイキ、上段にケイジャンを使用した。1956年から1976年に714回打ち上げられ、西側諸国で最も頻繁に使用された観測ロケットであった。重量698kg、ペイロード能力23kg、打上げ時の推力246kN、最高高度120km、直径42cm、全長7.7m。ナイキとケイジャンの燃焼時間はそれぞれ3秒と2.8秒。最高速度は6760km/hだった。ナイキ・ケイジャンの構成はMQR-13 BMTSターゲットロケットにも使用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2322152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57285812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ナイキ・ケイジャン(Nike-Cajun)はアメリカの2段式固体燃料観測ロケット。下段にナイキ、上段にケイジャンを使用した。1956年から1976年に714回打ち上げられ、西側諸国で最も頻繁に使用された観測ロケットであった。重量698kg、ペイロード能力23kg、打上げ時の推力246kN、最高高度120km、直径42cm、全長7.7m。ナイキとケイジャンの燃焼時間はそれぞれ3秒と2.8秒。最高速度は6760km/hだった。ナイキ・ケイジャンの構成はMQR-13 BMTSターゲットロケットにも使用された。
rdfs:label
  • ナイキ・ケイジャン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of