Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドービニーの庭(どーびにーのにわ)とは、1890年7月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。同名同構図の作品が2点あることが認められている。オーヴェル=シュル=オワーズでシャルル=フランソワ・ドービニーの未亡人が住んでいた家の庭を描いたもの。最初に描かれたものはスイス・バーゼル市立美術館に収蔵されている。最初の作品を複製したと思われるものがひろしま美術館に収蔵されている。この作品は1890年7月20日過ぎに描かれたと考える説があり、この説によるとゴッホの絶筆作品である可能性もあるが、少なくともゴッホの最晩期の作品であることには間違いない。1929年にベルリンのナショナルギャラリーが収蔵したが、1937年に美術館の近代部門は閉鎖され、この絵は退廃芸術とされて押収された。後にオランダのコレクターの手に渡り、さらに競売にかけられ広島にたどり着いた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 670659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1019 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47123986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドービニーの庭(どーびにーのにわ)とは、1890年7月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。同名同構図の作品が2点あることが認められている。オーヴェル=シュル=オワーズでシャルル=フランソワ・ドービニーの未亡人が住んでいた家の庭を描いたもの。最初に描かれたものはスイス・バーゼル市立美術館に収蔵されている。最初の作品を複製したと思われるものがひろしま美術館に収蔵されている。この作品は1890年7月20日過ぎに描かれたと考える説があり、この説によるとゴッホの絶筆作品である可能性もあるが、少なくともゴッホの最晩期の作品であることには間違いない。1929年にベルリンのナショナルギャラリーが収蔵したが、1937年に美術館の近代部門は閉鎖され、この絵は退廃芸術とされて押収された。後にオランダのコレクターの手に渡り、さらに競売にかけられ広島にたどり着いた。
rdfs:label
  • ドービニーの庭
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of