Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドロテア・ア・ダンマーク(Dorothea af Danmark, 1546年6月29日 - 1617年1月6日)は、リューネブルク侯ヴィルヘルムの妃。デンマーク・ノルウェー王クリスチャン3世と王妃でザクセン=ラウエンブルク公マグヌス1世の娘ドロテアの娘。1546年、コリングで生まれた。1561年10月12日にヴィルヘルムと結婚、15人の子を儲けたが、ヴィルヘルムが精神錯乱を引き起こし、ドロテアはヴィルヘルムと別居した。1592年にヴィルヘルムが亡くなり、後を継いだ長男のエルンスト2世の摂政を務めた。1617年、ウィンゼン(現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ゼーゲベルク郡の都市)で亡くなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2178914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56788179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドロテア・ア・ダンマーク(Dorothea af Danmark, 1546年6月29日 - 1617年1月6日)は、リューネブルク侯ヴィルヘルムの妃。デンマーク・ノルウェー王クリスチャン3世と王妃でザクセン=ラウエンブルク公マグヌス1世の娘ドロテアの娘。1546年、コリングで生まれた。1561年10月12日にヴィルヘルムと結婚、15人の子を儲けたが、ヴィルヘルムが精神錯乱を引き起こし、ドロテアはヴィルヘルムと別居した。1592年にヴィルヘルムが亡くなり、後を継いだ長男のエルンスト2世の摂政を務めた。1617年、ウィンゼン(現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ゼーゲベルク郡の都市)で亡くなった。
rdfs:label
  • ドロテア・ア・ダンマーク (1546-1617)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of