Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドリシュタデュムナ(Sanskrit: धृष्टद्युम्न、dhṛṣṭadyumna、大胆な、あるいは堂々としたという意味)は叙事詩マハーバーラタの登場人物である。ドルパダの息子でドラウパディー、シカンディンの兄。ドラウパダ(Draupada)としても知られる。クルクシェートラの戦いではパーンダヴァ軍の司令官を務めた。ドローナが瞑想しているときに、ドリシュタデュムナはクル族の王子たちの師である彼を殺した。ドローナの息子アシュヴァッターマンは戦争18日目の夜にドリシュタデュムナを殺した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3249807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58136006 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドリシュタデュムナ(Sanskrit: धृष्टद्युम्न、dhṛṣṭadyumna、大胆な、あるいは堂々としたという意味)は叙事詩マハーバーラタの登場人物である。ドルパダの息子でドラウパディー、シカンディンの兄。ドラウパダ(Draupada)としても知られる。クルクシェートラの戦いではパーンダヴァ軍の司令官を務めた。ドローナが瞑想しているときに、ドリシュタデュムナはクル族の王子たちの師である彼を殺した。ドローナの息子アシュヴァッターマンは戦争18日目の夜にドリシュタデュムナを殺した。
rdfs:label
  • ドリシュタデュムナ
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of