Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドラ・バコヤンニ(Ντόρα Μπακογιάννη / Dora Bakoyannis、1954年5月6日 - )は、ギリシャの政治家。首都アテネの史上初の女性市長を務めた(選挙で選ばれた女性市長としても初。任期2002年 - 2006年)。新民主主義党の政治家で元首相のコンスタンディノス・ミツォタキスの長女として、アテネで生まれた。ミュンヘン大学、アテネ大学を卒業している。1967年から1974年まで、軍事独裁政権によって国を追われ、家族でパリに滞在していた。英語・ドイツ語・フランス語が堪能である。欧州共同体職員として働いた後、1984年に父が新民主主義党党首となったのを契機に政治の世界へ入る。1989年の総選挙で国会議員に当選。1992年から1993年まで文化大臣を務めた。2005年、ワールド・メイヤーに選出された。2006年、2007年の2度、フォーブス誌の『世界で最もパワフルな女性100人』(en)の一人に選ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1534452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52606187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドラ・バコヤンニ(Ντόρα Μπακογιάννη / Dora Bakoyannis、1954年5月6日 - )は、ギリシャの政治家。首都アテネの史上初の女性市長を務めた(選挙で選ばれた女性市長としても初。任期2002年 - 2006年)。新民主主義党の政治家で元首相のコンスタンディノス・ミツォタキスの長女として、アテネで生まれた。ミュンヘン大学、アテネ大学を卒業している。1967年から1974年まで、軍事独裁政権によって国を追われ、家族でパリに滞在していた。英語・ドイツ語・フランス語が堪能である。欧州共同体職員として働いた後、1984年に父が新民主主義党党首となったのを契機に政治の世界へ入る。1989年の総選挙で国会議員に当選。1992年から1993年まで文化大臣を務めた。2005年、ワールド・メイヤーに選出された。2006年、2007年の2度、フォーブス誌の『世界で最もパワフルな女性100人』(en)の一人に選ばれた。
rdfs:label
  • ドラ・バコヤンニ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of