Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドライブ・バイ・ワイヤ (drive-by-wire)は、自動車におけるアクセルペダルとスロットルバルブをつなぐ方式の一つ。スロットルの駆動方式のみを指して電子制御スロットル(電制スロットル、電スロ)と呼ばれることもある。従来の機械式制御に置き換わり、機械と電気を融合させ、スロットルの開度を物理的なケーブルではなく、電線内(電線=ワイヤ)を通る電気信号で制御するシステムのことである。元は航空機の操舵システムであるフライ・バイ・ワイヤの転用である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 635936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59229593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドライブ・バイ・ワイヤ (drive-by-wire)は、自動車におけるアクセルペダルとスロットルバルブをつなぐ方式の一つ。スロットルの駆動方式のみを指して電子制御スロットル(電制スロットル、電スロ)と呼ばれることもある。従来の機械式制御に置き換わり、機械と電気を融合させ、スロットルの開度を物理的なケーブルではなく、電線内(電線=ワイヤ)を通る電気信号で制御するシステムのことである。元は航空機の操舵システムであるフライ・バイ・ワイヤの転用である。
rdfs:label
  • ドライブ・バイ・ワイヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of