Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドメスティック・バイオレンス(英: domestic violence、以下略称:DVと記述)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。英語「domestic」は「家庭の」という意味なので、日本語の「家庭内暴力」と同義に捉える誤解も存在するが、英語では日本語の家庭内暴力にあたる語は family violence と表現され使い分けられている。英語ではDVは intimate partner violence (IPV)と同義に使われる。よって報道等で「DV=夫婦間暴力」と説明することは間違いではない。またこのため、児童虐待をDVに含めるのは間違いである。親権欲しさに虚偽DVで相手側親を訴える事例もある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 943295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10432 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59148541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドメスティック・バイオレンス(英: domestic violence、以下略称:DVと記述)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。英語「domestic」は「家庭の」という意味なので、日本語の「家庭内暴力」と同義に捉える誤解も存在するが、英語では日本語の家庭内暴力にあたる語は family violence と表現され使い分けられている。英語ではDVは intimate partner violence (IPV)と同義に使われる。よって報道等で「DV=夫婦間暴力」と説明することは間違いではない。またこのため、児童虐待をDVに含めるのは間違いである。親権欲しさに虚偽DVで相手側親を訴える事例もある。
rdfs:label
  • ドメスティックバイオレンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of