ドム (DOM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」 (MS) の一種。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。 作中の敵側勢力である「ジオン公国軍」の陸戦用量産機。ザクIIなどそれまでのMSよりも太くがっしりした体型で、足裏に内蔵されたホバー推進装置により、地表を高速滑走できる。劇中ではガイア大尉率いる小隊「黒い三連星」の搭乗機として初登場し、三位一体の連携で主人公アムロ・レイが所属する地球連邦軍ホワイトベース隊を苦しめる。のちに大量生産され、ジャブロー攻略戦で多数の量産型が登場する。制式カラーである黒・紫・グレーの機体色は、もともとは黒い三連星のパーソナルカラーをモチーフとしている(異説もあり)。その後は、宇宙仕様である「リック・ドム」も登場する。 当記事では、OVAやゲーム、雑誌などのメディアミックス企画で設定された各派生機の解説も記述する。宇宙用の派生機については「リック・ドム」の項目を参照。

Property Value
dbo:abstract
  • ドム (DOM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」 (MS) の一種。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。 作中の敵側勢力である「ジオン公国軍」の陸戦用量産機。ザクIIなどそれまでのMSよりも太くがっしりした体型で、足裏に内蔵されたホバー推進装置により、地表を高速滑走できる。劇中ではガイア大尉率いる小隊「黒い三連星」の搭乗機として初登場し、三位一体の連携で主人公アムロ・レイが所属する地球連邦軍ホワイトベース隊を苦しめる。のちに大量生産され、ジャブロー攻略戦で多数の量産型が登場する。制式カラーである黒・紫・グレーの機体色は、もともとは黒い三連星のパーソナルカラーをモチーフとしている(異説もあり)。その後は、宇宙仕様である「リック・ドム」も登場する。 当記事では、OVAやゲーム、雑誌などのメディアミックス企画で設定された各派生機の解説も記述する。宇宙用の派生機については「リック・ドム」の項目を参照。 (ja)
  • ドム (DOM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」 (MS) の一種。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。 作中の敵側勢力である「ジオン公国軍」の陸戦用量産機。ザクIIなどそれまでのMSよりも太くがっしりした体型で、足裏に内蔵されたホバー推進装置により、地表を高速滑走できる。劇中ではガイア大尉率いる小隊「黒い三連星」の搭乗機として初登場し、三位一体の連携で主人公アムロ・レイが所属する地球連邦軍ホワイトベース隊を苦しめる。のちに大量生産され、ジャブロー攻略戦で多数の量産型が登場する。制式カラーである黒・紫・グレーの機体色は、もともとは黒い三連星のパーソナルカラーをモチーフとしている(異説もあり)。その後は、宇宙仕様である「リック・ドム」も登場する。 当記事では、OVAやゲーム、雑誌などのメディアミックス企画で設定された各派生機の解説も記述する。宇宙用の派生機については「リック・ドム」の項目を参照。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 54559 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23065 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81609372 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:センサー
  • 18,300m (ja)
  • 6,300m (ja)
  • 8,800m (ja)
  • 10,700m (ja)
  • 5,400m (ja)
  • 18,300m (ja)
  • 6,300m (ja)
  • 8,800m (ja)
  • 10,700m (ja)
  • 5,400m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 52.100000 (xsd:double)
  • 58.200000 (xsd:double)
  • 81.800000 (xsd:double)
  • 79.0
  • 81.7
  • 87.4
prop-ja:出力
  • 1269 (xsd:integer)
  • 1199.0
  • 1440.0
  • 3230.0
  • 3450.0
prop-ja:名称
  • DOM (ja)
  • DOM Tropen (ja)
  • DOM Tropical Test Type (ja)
  • DOM [Cold-weather Model] (ja)
  • DOM [High Mobility Prototype] (ja)
  • DOWADGE (ja)
  • DOWADGE Custom (ja)
  • Prototype DOM (ja)
  • RF DESERT DOM (ja)
  • RF DOM (ja)
  • RFデザート・ドム (ja)
  • RFドム (ja)
  • ドム高速実験型(ドム高機動試作機) (ja)
  • ドム (ja)
  • ドム・トロピカルテストタイプ (ja)
  • ドム・トローペン (ja)
  • ドム(寒冷地仕様) (ja)
  • ドワッジ (ja)
  • ドワッジ改 (ja)
  • プロトタイプドム (ja)
  • DOM (ja)
  • DOM Tropen (ja)
  • DOM Tropical Test Type (ja)
  • DOM [Cold-weather Model] (ja)
  • DOM [High Mobility Prototype] (ja)
  • DOWADGE (ja)
  • DOWADGE Custom (ja)
  • Prototype DOM (ja)
  • RF DESERT DOM (ja)
  • RF DOM (ja)
  • RFデザート・ドム (ja)
  • RFドム (ja)
  • ドム高速実験型(ドム高機動試作機) (ja)
  • ドム (ja)
  • ドム・トロピカルテストタイプ (ja)
  • ドム・トローペン (ja)
  • ドム(寒冷地仕様) (ja)
  • ドワッジ (ja)
  • ドワッジ改 (ja)
  • プロトタイプドム (ja)
prop-ja:型式番号
  • MS-09 (ja)
  • MS-09F/TROP (ja)
  • MS-09G (ja)
  • MS-09H (ja)
  • OMS-09DRF (ja)
  • OMS-09RF (ja)
  • YMS-09 (ja)
  • YMS-09D (ja)
  • YMS-09J (ja)
  • MS-09 (ja)
  • MS-09F/TROP (ja)
  • MS-09G (ja)
  • MS-09H (ja)
  • OMS-09DRF (ja)
  • OMS-09RF (ja)
  • YMS-09 (ja)
  • YMS-09D (ja)
  • YMS-09J (ja)
prop-ja:推力
  • 3100 (xsd:integer)
  • 20500 (xsd:integer)
  • 67800.0
  • 104300.0
  • 122700.0
  • 58200.0
  • 76900.0
  • (総推力)47,200kg (ja)
prop-ja:搭乗者
prop-ja:最高速度
  • 240 (xsd:integer)
  • 90.0
prop-ja:本体重量
  • 62.6
prop-ja:武装
  • 60 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
  • 360 (xsd:integer)
  • グレネードランチャー (ja)
  • ビームライフル (ja)
  • ジャイアント・バズ (ja)
  • シュツルムファウスト (ja)
  • ザク・マシンガン (ja)
  • ヒート・サーベル (ja)
  • ビームランチャー (ja)
  • ザク・バズーカ (ja)
  • ビームバズーカ (ja)
  • ハンド・グレネード (ja)
  • ヒート・トマホーク (ja)
  • ヒート・ランサー (ja)
  • ビームセイバー (ja)
  • ビーム・カノン (ja)
  • ビーム・ピストル (ja)
  • ラケーテン・バズ (ja)
  • 胸部拡散ビーム砲 (ja)
  • 胸部拡散メガ粒子砲 (ja)
  • 胸部拡散メガ粒子砲×2 (ja)
prop-ja:範囲
  • ロンメルのドワッジ改はさらに改修されており、リニアシート導入やジェネレーターの換装がなされ、また装甲強度が向上されている。部下として率いるディザートザクと同様、砂漠の砂中に機体を沈降させる機能がある。一部の資料では連邦軍やアフリカ民族解放戦線でも運用されているとされる (ja)
  • 熱による砲身のゆがみを抑えるためのサーマルスリーブが追加されている (ja)
  • ロンメルのドワッジ改はさらに改修されており、リニアシート導入やジェネレーターの換装がなされ、また装甲強度が向上されている。部下として率いるディザートザクと同様、砂漠の砂中に機体を沈降させる機能がある。一部の資料では連邦軍やアフリカ民族解放戦線でも運用されているとされる (ja)
  • 熱による砲身のゆがみを抑えるためのサーマルスリーブが追加されている (ja)
prop-ja:装甲
  • 超硬スチール合金 (ja)
  • ガンダリウム合金セラミック複合材 (ja)
  • チタン・セラミック複合材 (ja)
  • チタン合金(一部ガンダリウム合金使用) (ja)
  • 超硬スチール合金 (ja)
  • ガンダリウム合金セラミック複合材 (ja)
  • チタン・セラミック複合材 (ja)
  • チタン合金(一部ガンダリウム合金使用) (ja)
prop-ja:重量
  • 43.5
  • 60.8
  • 31.7
  • 30.9
  • 44.8
  • 69.4
  • 68.2
  • 65.1
prop-ja:頭頂高
  • 1146.0
  • 18.2m (ja)
  • 18.5m (ja)
  • 18.6m (ja)
  • 1092.0
dct:subject
rdfs:comment
  • ドム (DOM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」 (MS) の一種。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。 作中の敵側勢力である「ジオン公国軍」の陸戦用量産機。ザクIIなどそれまでのMSよりも太くがっしりした体型で、足裏に内蔵されたホバー推進装置により、地表を高速滑走できる。劇中ではガイア大尉率いる小隊「黒い三連星」の搭乗機として初登場し、三位一体の連携で主人公アムロ・レイが所属する地球連邦軍ホワイトベース隊を苦しめる。のちに大量生産され、ジャブロー攻略戦で多数の量産型が登場する。制式カラーである黒・紫・グレーの機体色は、もともとは黒い三連星のパーソナルカラーをモチーフとしている(異説もあり)。その後は、宇宙仕様である「リック・ドム」も登場する。 当記事では、OVAやゲーム、雑誌などのメディアミックス企画で設定された各派生機の解説も記述する。宇宙用の派生機については「リック・ドム」の項目を参照。 (ja)
  • ドム (DOM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」 (MS) の一種。初出は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。 作中の敵側勢力である「ジオン公国軍」の陸戦用量産機。ザクIIなどそれまでのMSよりも太くがっしりした体型で、足裏に内蔵されたホバー推進装置により、地表を高速滑走できる。劇中ではガイア大尉率いる小隊「黒い三連星」の搭乗機として初登場し、三位一体の連携で主人公アムロ・レイが所属する地球連邦軍ホワイトベース隊を苦しめる。のちに大量生産され、ジャブロー攻略戦で多数の量産型が登場する。制式カラーである黒・紫・グレーの機体色は、もともとは黒い三連星のパーソナルカラーをモチーフとしている(異説もあり)。その後は、宇宙仕様である「リック・ドム」も登場する。 当記事では、OVAやゲーム、雑誌などのメディアミックス企画で設定された各派生機の解説も記述する。宇宙用の派生機については「リック・ドム」の項目を参照。 (ja)
rdfs:label
  • ドム (ja)
  • ドム (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of