Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドミーナ・ジャルバート(Domina Cleophas Jalbert、1904年12月5日 - 1991年6月26日)はカナダ生まれのアメリカ合衆国の発明家である。パラフォイルの発明者である。カナダ、ケベック州のSaint-Michel-des-Saintsで生まれた。子供の時に家族はアメリカに移住し、アメリカの市民となった。1927年にパイロットのライセンスを得た。第二次世界大戦が始まると、United States Rubber Co.で阻塞気球の製造に従事した。この時期に気球と凧を組み合わせたカイツーン(Kytoon)の発明を行った。カイツーンは大気観測などに用いられている。1949年にJalbert Aerology Laboratoryを設立し、パラシュートの製造を始めた。1953年に翼形のパラシュート(パラフォイル)の着想を得て、1966年に特許を得た。操縦性が高く、降下速度の調整も容易という特徴を持つパラフォイルの発明はパラシュートの歴史において画期的なものであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2280560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47043703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドミーナ・ジャルバート(Domina Cleophas Jalbert、1904年12月5日 - 1991年6月26日)はカナダ生まれのアメリカ合衆国の発明家である。パラフォイルの発明者である。カナダ、ケベック州のSaint-Michel-des-Saintsで生まれた。子供の時に家族はアメリカに移住し、アメリカの市民となった。1927年にパイロットのライセンスを得た。第二次世界大戦が始まると、United States Rubber Co.で阻塞気球の製造に従事した。この時期に気球と凧を組み合わせたカイツーン(Kytoon)の発明を行った。カイツーンは大気観測などに用いられている。1949年にJalbert Aerology Laboratoryを設立し、パラシュートの製造を始めた。1953年に翼形のパラシュート(パラフォイル)の着想を得て、1966年に特許を得た。操縦性が高く、降下速度の調整も容易という特徴を持つパラフォイルの発明はパラシュートの歴史において画期的なものであった。
rdfs:label
  • ドミーナ・ジャルバート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of