Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドミニク・ペルベン(Dominique Perben、1945年8月11日 - )は、フランスの政治家。国民運動連合所属。リヨン出身。1966年パリ政治学院、1972年フランス国立行政学院をそれぞれ卒業する。1986年から国民議会議員。1989年には、シャロン・シュル・ソーヌ Chalon-sur-Saône市長に当選している。1993年海外領土相、1995年アラン・ジュペ内閣の行政管理担当相、2002年ジャン=ピエール・ラファラン内閣の国璽尚書・法務大臣、2005年ドミニク・ド・ヴィルパン内閣で運輸・公共事業・観光・海洋相を歴任した。2008年リヨン市長選挙に立候補を表明している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1002924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50358025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドミニク・ペルベン(Dominique Perben、1945年8月11日 - )は、フランスの政治家。国民運動連合所属。リヨン出身。1966年パリ政治学院、1972年フランス国立行政学院をそれぞれ卒業する。1986年から国民議会議員。1989年には、シャロン・シュル・ソーヌ Chalon-sur-Saône市長に当選している。1993年海外領土相、1995年アラン・ジュペ内閣の行政管理担当相、2002年ジャン=ピエール・ラファラン内閣の国璽尚書・法務大臣、2005年ドミニク・ド・ヴィルパン内閣で運輸・公共事業・観光・海洋相を歴任した。2008年リヨン市長選挙に立候補を表明している。
rdfs:label
  • ドミニク・ペルベン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of