Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドミティア・ロンギナ(Domitia Longina、50年代前半 - 120年代後半頃)はローマ帝国の皇后。フラウィウス朝のローマ皇帝・ドミティアヌスの妻であり、執政官も務めたグナエウス・ドミティウス・コルブロ将軍の末娘。ドミティアヌスと結婚するために、最初の夫のルキウス・アエリウス・ラミアとは71年に離婚している。ドミティアヌスとの間には一人だけ息子がいたが夭折しており、この83年の息子の死が夫婦の亀裂の原因だと信じられている。ドミティアヌスが即位した81年から夫が暗殺される96年までローマ皇后であった。126年から130年の間に死んだとされている。
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2031667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58258343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 81 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • ドミティア・ロンギナ
prop-ja:出生日
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:各国語表記
  • Domitia Longina
prop-ja:子女
  • 男児(名前不明)
prop-ja:死亡日
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:母親
  • カッシア・ロンギナ
prop-ja:父親
prop-ja:画像
  • Domitia.JPG
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 胸像
prop-ja:続柄
  • ローマ皇后
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ドミティア・ロンギナ(Domitia Longina、50年代前半 - 120年代後半頃)はローマ帝国の皇后。フラウィウス朝のローマ皇帝・ドミティアヌスの妻であり、執政官も務めたグナエウス・ドミティウス・コルブロ将軍の末娘。ドミティアヌスと結婚するために、最初の夫のルキウス・アエリウス・ラミアとは71年に離婚している。ドミティアヌスとの間には一人だけ息子がいたが夭折しており、この83年の息子の死が夫婦の亀裂の原因だと信じられている。ドミティアヌスが即位した81年から夫が暗殺される96年までローマ皇后であった。126年から130年の間に死んだとされている。
rdfs:label
  • ドミティア・ロンギナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ドミティア・ロンギナ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of