Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドゥニー・パパン(Denis Papin、1647年8月22日 - 1712年頃)はフランスの物理学者、発明家である。ロンドン王立協会フェロー。蒸気機関の発明者といわれる1人である。ロワール・エ・シェール県のブロワに生れた。ユグノー教徒(プロテスタント)である。アンジェの大学で医学、数学を学んだが、物理学に興味が移った。1671年にはパリで、クリスティアーン・ホイヘンスの助手になった。1675年にはロンドンに行き、ロバート・ボイルと共同研究し1679年にはロバート・フックの助手となった。1679年に水の沸点が気圧に依存することを発見し、圧力鍋の原型である「steam digester」という蒸気圧を利用した調理器を発明した。1685年、フランスでナントの勅令が廃止されるとユグノー教徒のパパンはフランスでの活動ができなくなった。1687年にはマールブルクに移り、同年から1707年までマールブルク大学の教授を務めた。1690年代に各地で蒸気機関の研究、実験を行ったが、蒸気機関が実用化するのは、パパンの死後、イギリス人トーマス・セイヴァリと、トーマス・ニューコメンらによってである。それらの後継者がパパンの論文を知ることがあったにしても、直接的には蒸気機関の実用化に影響を与えなかったと思われる。パパンが最後に残した記録は、1712年1月23日の手紙である。この年に、パパンは貧窮のなかでロンドンで死んだと考えられているが、記録は伝わっていない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 232524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49397163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドゥニー・パパン(Denis Papin、1647年8月22日 - 1712年頃)はフランスの物理学者、発明家である。ロンドン王立協会フェロー。蒸気機関の発明者といわれる1人である。ロワール・エ・シェール県のブロワに生れた。ユグノー教徒(プロテスタント)である。アンジェの大学で医学、数学を学んだが、物理学に興味が移った。1671年にはパリで、クリスティアーン・ホイヘンスの助手になった。1675年にはロンドンに行き、ロバート・ボイルと共同研究し1679年にはロバート・フックの助手となった。1679年に水の沸点が気圧に依存することを発見し、圧力鍋の原型である「steam digester」という蒸気圧を利用した調理器を発明した。1685年、フランスでナントの勅令が廃止されるとユグノー教徒のパパンはフランスでの活動ができなくなった。1687年にはマールブルクに移り、同年から1707年までマールブルク大学の教授を務めた。1690年代に各地で蒸気機関の研究、実験を行ったが、蒸気機関が実用化するのは、パパンの死後、イギリス人トーマス・セイヴァリと、トーマス・ニューコメンらによってである。それらの後継者がパパンの論文を知ることがあったにしても、直接的には蒸気機関の実用化に影響を与えなかったと思われる。パパンが最後に残した記録は、1712年1月23日の手紙である。この年に、パパンは貧窮のなかでロンドンで死んだと考えられているが、記録は伝わっていない。
rdfs:label
  • ドニ・パパン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of