Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ドジャースの戦法』(ドジャースのせんぽう、原題: The Dodgers' Way to Play Baseball)は、メジャーリーグベースボール(MLB)球団、ブルックリン・ドジャースのスプリングトレーニングにおける訓練係を長年担当してきたアル・キャンパニスが1954年に著した野球技術書かつ野球指導書。スモールベースボールの礎となった。日本語に翻訳したのは内村鑑三の息子でのちに第3代日本プロ野球コミッショナーとなる内村祐之である。9年連続日本シリーズ制覇という偉業を成し遂げた読売ジャイアンツの監督、川上哲治がその戦法を導入し、徹底して実践したことで日本でも野球教本として広く知られるようになった。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 256 (xsd:integer)
  • 329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:translator
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3199931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57781026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • The Dodgers' Way to Play Baseball
prop-ja:pages
  • 256 (xsd:integer)
  • 329 (xsd:integer)
prop-ja:published
  • 1954 (xsd:integer)
  • --07-20
prop-ja:publisher
  • ベースボール・マガジン社
prop-ja:title
  • ドジャースの戦法
prop-ja:translator
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ドジャースの戦法』(ドジャースのせんぽう、原題: The Dodgers' Way to Play Baseball)は、メジャーリーグベースボール(MLB)球団、ブルックリン・ドジャースのスプリングトレーニングにおける訓練係を長年担当してきたアル・キャンパニスが1954年に著した野球技術書かつ野球指導書。スモールベースボールの礎となった。日本語に翻訳したのは内村鑑三の息子でのちに第3代日本プロ野球コミッショナーとなる内村祐之である。9年連続日本シリーズ制覇という偉業を成し遂げた読売ジャイアンツの監督、川上哲治がその戦法を導入し、徹底して実践したことで日本でも野球教本として広く知られるようになった。
rdfs:label
  • ドジャースの戦法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • The Dodgers' Way to Play Baseball
  • ドジャースの戦法
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of