Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドシセオス2世(ギリシア語: Δοσίθεος Β΄ Ιεροσολύμων, 1641年5月31日 - 1707年2月8日)は、正教会(ギリシャ正教)のエルサレム総主教(在位:1669年 - 1707年)であり神学者。「ドシセオス」は現代ギリシャ語読みであり、古典ギリシャ語再建音からドシテオス、日本正教会では教会スラヴ語再建音からドシフェイとも転写される。姓はノタラス(Νοταράς)。西欧において宗教改革が起こったことによる、17世紀における正教に対するカトリック教会およびプロテスタントからの影響に対して反対する立場に立った事で知られる。キリロス・ルカリスによるカルヴァン主義的な信仰告白に対抗するエルサレム公会を召集した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2117593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49058092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドシセオス2世(ギリシア語: Δοσίθεος Β΄ Ιεροσολύμων, 1641年5月31日 - 1707年2月8日)は、正教会(ギリシャ正教)のエルサレム総主教(在位:1669年 - 1707年)であり神学者。「ドシセオス」は現代ギリシャ語読みであり、古典ギリシャ語再建音からドシテオス、日本正教会では教会スラヴ語再建音からドシフェイとも転写される。姓はノタラス(Νοταράς)。西欧において宗教改革が起こったことによる、17世紀における正教に対するカトリック教会およびプロテスタントからの影響に対して反対する立場に立った事で知られる。キリロス・ルカリスによるカルヴァン主義的な信仰告白に対抗するエルサレム公会を召集した。
rdfs:label
  • ドシセオス2世 (エルサレム総主教)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of