Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドイツ領域通過列車 (ドイツりょういきつうかれっしゃ、ドイツ語: Interzonenzug)は、第二次世界大戦後の1946年にイギリス占領区域のオスナブリュックからベルリンまでの分割統治区域間を連絡する列車についてソビエト連邦側が命名し、その後、1949年の東西ドイツ分断後、西ベルリンとドイツ連邦共和国(西ドイツ)間の鉄道交通に関する便宜を図るために運行されていた列車を指す。公的機関ではドイツ民主共和国(東ドイツ)側で1954年まで、西ドイツ側でも1960年代の半ばまでこの語を使用していたが、一般的には特に東側で1989年のベルリンの壁崩壊まで『インターツーク (Interzug) 』の呼称で通用していた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2294145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52997588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドイツ領域通過列車 (ドイツりょういきつうかれっしゃ、ドイツ語: Interzonenzug)は、第二次世界大戦後の1946年にイギリス占領区域のオスナブリュックからベルリンまでの分割統治区域間を連絡する列車についてソビエト連邦側が命名し、その後、1949年の東西ドイツ分断後、西ベルリンとドイツ連邦共和国(西ドイツ)間の鉄道交通に関する便宜を図るために運行されていた列車を指す。公的機関ではドイツ民主共和国(東ドイツ)側で1954年まで、西ドイツ側でも1960年代の半ばまでこの語を使用していたが、一般的には特に東側で1989年のベルリンの壁崩壊まで『インターツーク (Interzug) 』の呼称で通用していた。
rdfs:label
  • ドイツ領域通過列車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of