Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドイツ航空省(ドイツこうくうしょう、独: Reichsluftfahrtministerium , 略称RLM)はナチス時代のドイツの政府機関(1933年~1945年)で、主に航空機の開発と生産を統括していた。庁舎はベルリンのヴィルヘルム通りに置かれていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1427528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58023783 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドイツ航空省(ドイツこうくうしょう、独: Reichsluftfahrtministerium , 略称RLM)はナチス時代のドイツの政府機関(1933年~1945年)で、主に航空機の開発と生産を統括していた。庁舎はベルリンのヴィルヘルム通りに置かれていた。
rdfs:label
  • ドイツ航空省
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of