Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドイツ民主共和国における検閲(ドイツみんしゅきょうわこくにおけるけんえつ)では、ドイツ民主共和国(独: Deutsche Demokratische Republik, DDR、通称 東ドイツ)及び、1945年から1949年までのソ連占領区域における、メディア、言論、芸術活動を統制するために行われた検閲について解説する。戦勝国がソ連占領区域下で行った検閲は、戦後すぐに、非ナチ化活動の一部として受容された。ソ連占領区域の6月9日、ベルリン・カールスホルストに設置された在独ソ連軍政府(SMAD)が政権を担当し、事前検閲の厳密なシステムを導入した。1949年憲法成立後、東ドイツは検閲機関を組織的に隠蔽し、「検閲」という概念は法律、政府公式見解、メディアから現れなくなった。憲法が革命の伝統を理由に、出版・言論の自由を公的に保証した一方で、当局は東ドイツの言論空間を統制し、誘導するべく、監視の網を張り巡らした。このような検閲機関は、ドイツ社会主義統一党(独: Sozialistische Einheitspartei Deutschlands, SED)、中央官庁、国家保安省(シュタージ)から構成された。その後、地方にも検閲機関の支部が展開された。それに加えて、好ましくない言論に対して適用できる法律も整備された。SEDは、検閲政策を行う際に、墨塗りや発禁などによって公に摩擦が生じるのを可能な限り避けた。検閲が支援活動と見えるように工夫し、出版許可の回答を先延したり、別の言い訳(例えば紙不足)でやり過ごした。また体制順応的に活動する文化人(例えば、作家、劇場の支配人、演出家)には報酬や優遇装置(西側への旅行許可、賞や勲章、職場、その他のもろもろの特権)が与えられた。そこでは、自分が考えだした言論が支配的なイデオロギーに適しているかどうか、自分が目立ち過ぎたらどんな犠牲を払わなければならないのかを何度も思い悩む空気が生まれた。検閲は、その時々の政治的文脈に左右され、壁建設や、ハンガリー、チェコスロバキアへの軍事介入、SED内部の権力交代などの歴史的な大事件が起こるたびに強化された。SED文化政策の目的は、芸術家と文化の組織化でもあった。東ドイツではあまり人気のない上演も、西ドイツとの競合関係を表していれば高く評価された。ミハイル・ゴルバチョフが1985年にソ連の改革(グラスノスチとペレストロイカ)を打ち出したとき、彼は東側諸国で友好関係にある党と政府に国内の統治に対する自由裁量権を認めたが(シナトラ・ドクトリン)、SEDの体制はこれを激しく拒絶し、ソ連のメディアに検閲を実施、「東ドイツカラーの社会主義」というプロパガンダを行った。このことは東ドイツ住民たちの反感を買い、1989年から90年にかけて東ドイツは崩壊した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2630114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57824520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドイツ民主共和国における検閲(ドイツみんしゅきょうわこくにおけるけんえつ)では、ドイツ民主共和国(独: Deutsche Demokratische Republik, DDR、通称 東ドイツ)及び、1945年から1949年までのソ連占領区域における、メディア、言論、芸術活動を統制するために行われた検閲について解説する。戦勝国がソ連占領区域下で行った検閲は、戦後すぐに、非ナチ化活動の一部として受容された。ソ連占領区域の6月9日、ベルリン・カールスホルストに設置された在独ソ連軍政府(SMAD)が政権を担当し、事前検閲の厳密なシステムを導入した。1949年憲法成立後、東ドイツは検閲機関を組織的に隠蔽し、「検閲」という概念は法律、政府公式見解、メディアから現れなくなった。憲法が革命の伝統を理由に、出版・言論の自由を公的に保証した一方で、当局は東ドイツの言論空間を統制し、誘導するべく、監視の網を張り巡らした。このような検閲機関は、ドイツ社会主義統一党(独: Sozialistische Einheitspartei Deutschlands, SED)、中央官庁、国家保安省(シュタージ)から構成された。その後、地方にも検閲機関の支部が展開された。それに加えて、好ましくない言論に対して適用できる法律も整備された。SEDは、検閲政策を行う際に、墨塗りや発禁などによって公に摩擦が生じるのを可能な限り避けた。検閲が支援活動と見えるように工夫し、出版許可の回答を先延したり、別の言い訳(例えば紙不足)でやり過ごした。また体制順応的に活動する文化人(例えば、作家、劇場の支配人、演出家)には報酬や優遇装置(西側への旅行許可、賞や勲章、職場、その他のもろもろの特権)が与えられた。そこでは、自分が考えだした言論が支配的なイデオロギーに適しているかどうか、自分が目立ち過ぎたらどんな犠牲を払わなければならないのかを何度も思い悩む空気が生まれた。検閲は、その時々の政治的文脈に左右され、壁建設や、ハンガリー、チェコスロバキアへの軍事介入、SED内部の権力交代などの歴史的な大事件が起こるたびに強化された。SED文化政策の目的は、芸術家と文化の組織化でもあった。東ドイツではあまり人気のない上演も、西ドイツとの競合関係を表していれば高く評価された。ミハイル・ゴルバチョフが1985年にソ連の改革(グラスノスチとペレストロイカ)を打ち出したとき、彼は東側諸国で友好関係にある党と政府に国内の統治に対する自由裁量権を認めたが(シナトラ・ドクトリン)、SEDの体制はこれを激しく拒絶し、ソ連のメディアに検閲を実施、「東ドイツカラーの社会主義」というプロパガンダを行った。このことは東ドイツ住民たちの反感を買い、1989年から90年にかけて東ドイツは崩壊した。
rdfs:label
  • ドイツ民主共和国における検閲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of