Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドイツ帝位継承順位は、1918年に消滅したドイツ帝国の帝位およびプロイセン王国の王位の継承権者の一覧である。両国の統治者であったホーエンツォレルン家の現在の家長はゲオルク・フリードリヒ・フォン・プロイセンである。継承法には男系長子相続が定められている。ホーエンツォレルン家の家長は「プロイセン王子にして名目上のドイツ皇帝ならびにプロイセン王」の儀礼称号および「Kaiserliche und königliche Hoheit」の敬称で呼ばれる。現在、ドイツ帝位・プロイセン王位の継承資格のある者は1918年の君主制廃止時よりも少なくなっている。1918年以後、同家の多くの王子たちが貴賤結婚に走り、継承権を放棄したからである。例えば先代のプロイセン王家家長であるルイ・フェルディナント王子の上の2人の息子たちは、貴賤結婚により家長となる資格を喪失している。ホーエンツォレルン家の成員たちが形成しているのはプロイセン王室であって、ドイツ帝室ではない。ドイツ帝国には皇帝、皇后、皇太后、皇太子、皇太子妃の地位がそれぞれ存在してはいたが、その地位に就いていた者が属していた王室はプロイセン王室である。つまりドイツ帝室は存在したことが無い。ドイツ皇子という称号は存在せず、皇帝と皇太子以外のホーエンツォレルン家出身の男性にはプロイセン王子という称号が与えられるのみであり、これは現在も同じである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2044959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47111344 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドイツ帝位継承順位は、1918年に消滅したドイツ帝国の帝位およびプロイセン王国の王位の継承権者の一覧である。両国の統治者であったホーエンツォレルン家の現在の家長はゲオルク・フリードリヒ・フォン・プロイセンである。継承法には男系長子相続が定められている。ホーエンツォレルン家の家長は「プロイセン王子にして名目上のドイツ皇帝ならびにプロイセン王」の儀礼称号および「Kaiserliche und königliche Hoheit」の敬称で呼ばれる。現在、ドイツ帝位・プロイセン王位の継承資格のある者は1918年の君主制廃止時よりも少なくなっている。1918年以後、同家の多くの王子たちが貴賤結婚に走り、継承権を放棄したからである。例えば先代のプロイセン王家家長であるルイ・フェルディナント王子の上の2人の息子たちは、貴賤結婚により家長となる資格を喪失している。ホーエンツォレルン家の成員たちが形成しているのはプロイセン王室であって、ドイツ帝室ではない。ドイツ帝国には皇帝、皇后、皇太后、皇太子、皇太子妃の地位がそれぞれ存在してはいたが、その地位に就いていた者が属していた王室はプロイセン王室である。つまりドイツ帝室は存在したことが無い。ドイツ皇子という称号は存在せず、皇帝と皇太子以外のホーエンツォレルン家出身の男性にはプロイセン王子という称号が与えられるのみであり、これは現在も同じである。
rdfs:label
  • ドイツ帝位継承順位
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of