Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドイツ・ブンデスリーガ2001-2002は、サッカー・ブンデスリーガの第39回目のシーズンである。2001年7月28日から2002年5月4日まで開催され、ボルシア・ドルトムントがバイエルン・ミュンヘンの4連覇を阻止して6シーズンぶり通算6回目の優勝を果たした。なお、2002年4月にはF1やFIFAワールドカップ・ブンデスリーガの放映権を保有するキルヒ・メディア・グループが経営破たんし、同社の高額な放映権料を当て込んだ経営をしていた各クラブの収支に大きな影響を与えた。これを機に、収入の大部分を放映権料に頼るブンデスリーガと各クラブに対して、ドイツサッカー連盟が経営健全化の徹底を図る端緒となった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2651936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57061597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • ブンデスリーガ2001–02のチームの本拠地
prop-ja:float
  • right
prop-ja:width
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドイツ・ブンデスリーガ2001-2002は、サッカー・ブンデスリーガの第39回目のシーズンである。2001年7月28日から2002年5月4日まで開催され、ボルシア・ドルトムントがバイエルン・ミュンヘンの4連覇を阻止して6シーズンぶり通算6回目の優勝を果たした。なお、2002年4月にはF1やFIFAワールドカップ・ブンデスリーガの放映権を保有するキルヒ・メディア・グループが経営破たんし、同社の高額な放映権料を当て込んだ経営をしていた各クラブの収支に大きな影響を与えた。これを機に、収入の大部分を放映権料に頼るブンデスリーガと各クラブに対して、ドイツサッカー連盟が経営健全化の徹底を図る端緒となった。
rdfs:label
  • ドイツ・ブンデスリーガ2001-2002
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of