Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 現在のドイツ連邦共和国の国旗は、上から順に黒・赤・金の三色で構成されている。国旗の規定はドイツ連邦共和国基本法の第22条に記されている。この色について、ドイツ大使館は「色の由来についての定説はない」とするが、杉浦によれば1813年のナポレオン戦争時にルートヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・フォン・リュッツォウが率いたリュッツォウ義勇軍の軍服(黒地に赤の襟、金のボタン)と、リュツォー義勇軍の志願兵として参戦したイェーナー大学の学生が1815年6月に結成したイェーナー・ブルシェンシャフトの旗印・制服の色に由来するとするのがほぼ一致した説だとする。また、神聖ローマ帝国の紋(金地に赤のくちばしとつめをもった黒い鷲)に由来するともされるが旗章学の立場はこの説について否定的である。ブルシェンシャフト形成に重大な影響をあたえたjahn Friedrich Ludwigの1849年1月15日演説によれば黒・赤・金はそれぞれ名誉・自由・祖国を表し、ベルクシュトレッサーの1948年9月演説によれば「統一と自由(Einheit und Freiheit)」「自由のなかの統一(Einheit in Freiheit)」の伝統を表現しているとされる。黒は勤勉、赤は情熱、金は名誉を表すともされる。1848年革命(ドイツ三月革命)ではドイツ統一を求める自由主義者らが黒赤金の旗をシンボルとした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 95691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58417306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:使用色
  • * 黒 * 赤(パントーン485) * 金(パントーン7405)
prop-ja:制定日
  • --05-23
prop-ja:縦横比
  • 3 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 現在のドイツ連邦共和国の国旗は、上から順に黒・赤・金の三色で構成されている。国旗の規定はドイツ連邦共和国基本法の第22条に記されている。この色について、ドイツ大使館は「色の由来についての定説はない」とするが、杉浦によれば1813年のナポレオン戦争時にルートヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・フォン・リュッツォウが率いたリュッツォウ義勇軍の軍服(黒地に赤の襟、金のボタン)と、リュツォー義勇軍の志願兵として参戦したイェーナー大学の学生が1815年6月に結成したイェーナー・ブルシェンシャフトの旗印・制服の色に由来するとするのがほぼ一致した説だとする。また、神聖ローマ帝国の紋(金地に赤のくちばしとつめをもった黒い鷲)に由来するともされるが旗章学の立場はこの説について否定的である。ブルシェンシャフト形成に重大な影響をあたえたjahn Friedrich Ludwigの1849年1月15日演説によれば黒・赤・金はそれぞれ名誉・自由・祖国を表し、ベルクシュトレッサーの1948年9月演説によれば「統一と自由(Einheit und Freiheit)」「自由のなかの統一(Einheit in Freiheit)」の伝統を表現しているとされる。黒は勤勉、赤は情熱、金は名誉を表すともされる。1848年革命(ドイツ三月革命)ではドイツ統一を求める自由主義者らが黒赤金の旗をシンボルとした。
rdfs:label
  • ドイツの国旗
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:国旗リンク of
is foaf:primaryTopic of