Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ドイッチュラント(独:Deutschland)は、ドイツ海軍が第一次世界大戦後に竣工させた最初の大型の軍艦である。艦名は、ドイツ語でまさに「ドイツ」のこと。ヴェルサイユ条約の軍備制限条項を順守して建造されたドイッチュラント級装甲艦の1番艦。第二次世界大戦が始まると、ヒトラーは(ドイツ語でドイツを意味する)ドイッチュラントの名を持つ艦が失われた場合の国民に及ぼす心理的・宣伝的マイナス要素を憂慮し、ドイッチュラントをプロイセンの将軍リュッツォウ(Lützow)にちなんでリュッツォウ(Lützow)と改名させた。これは、第一次世界大戦時の軍艦から受け継いだ名称であった。1939年には、リュッツォウおよび姉妹艦のアドミラル・シェーアとグラーフ・シュペーは装甲艦より重巡洋艦に艦種変更された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 515619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57680706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ドイッチュラント(独:Deutschland)は、ドイツ海軍が第一次世界大戦後に竣工させた最初の大型の軍艦である。艦名は、ドイツ語でまさに「ドイツ」のこと。ヴェルサイユ条約の軍備制限条項を順守して建造されたドイッチュラント級装甲艦の1番艦。第二次世界大戦が始まると、ヒトラーは(ドイツ語でドイツを意味する)ドイッチュラントの名を持つ艦が失われた場合の国民に及ぼす心理的・宣伝的マイナス要素を憂慮し、ドイッチュラントをプロイセンの将軍リュッツォウ(Lützow)にちなんでリュッツォウ(Lützow)と改名させた。これは、第一次世界大戦時の軍艦から受け継いだ名称であった。1939年には、リュッツォウおよび姉妹艦のアドミラル・シェーアとグラーフ・シュペーは装甲艦より重巡洋艦に艦種変更された。
rdfs:label
  • ドイッチュラント (装甲艦)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of