Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トールマン・TG181は、ロリー・バーンが設計したF1マシン。1981年および1982年に使用された。1981年はブライアン・ヘントン、デレック・ワーウィックがドライブし、翌82年はワーウィックとテオ・ファビがドライブした。TG181はバーンのF1処女作であったが、搭載エンジンはF2で使用していたエンジンの改良型と言えるハート 415T、直列4気筒ターボエンジンを搭載した。1981年の第4戦サンマリノから参戦したものの、予選落ちの連続で予選通過はヘントン、ワーウィック共に1回、結果はヘントンが10位、ワーウィックはリタイアという物であった。82年は改良型のTG181B、TG181Cが投入され、前年よりも予選通過率は向上したが、ポイントを獲得することはできなかった。車体はノーズ上にフロントウィングを載せた形状で、チームはこのマシンを「巡洋艦ヘネラル・ベルグラノ」と呼んだという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2558698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49315767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • ハート 415T L4T,
prop-ja:エンジン形式
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
  • ヒューランド FGA 400,
prop-ja:ギア形式
prop-ja:コンストラクター
  • トールマン
prop-ja:サスペンション(前)_
prop-ja:サスペンション(後)_
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
  • トールマングループ・モータースポーツ
  • キャンディ・トールマン・モータースポーツ
prop-ja:デザイナー
  • ロリー・バーン
prop-ja:ドライバー
  • デレック・ワーウィック
  • テオ・ファビ
  • ブライアン・ヘントン
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • トールマン・TG181 / TG181B / TG181C
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1981 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:排気量
  • 1.500000 (xsd:double)
prop-ja:燃料
prop-ja:配置
  • ミッドエンジン, 縦置き
prop-ja:重量
  • 590.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トールマン・TG181は、ロリー・バーンが設計したF1マシン。1981年および1982年に使用された。1981年はブライアン・ヘントン、デレック・ワーウィックがドライブし、翌82年はワーウィックとテオ・ファビがドライブした。TG181はバーンのF1処女作であったが、搭載エンジンはF2で使用していたエンジンの改良型と言えるハート 415T、直列4気筒ターボエンジンを搭載した。1981年の第4戦サンマリノから参戦したものの、予選落ちの連続で予選通過はヘントン、ワーウィック共に1回、結果はヘントンが10位、ワーウィックはリタイアという物であった。82年は改良型のTG181B、TG181Cが投入され、前年よりも予選通過率は向上したが、ポイントを獲得することはできなかった。車体はノーズ上にフロントウィングを載せた形状で、チームはこのマシンを「巡洋艦ヘネラル・ベルグラノ」と呼んだという。
rdfs:label
  • トールマン・TG181
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is foaf:primaryTopic of