Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トーマス・フェアファクス(Thomas Fairfax, 3rd Lord Fairfax of Cameron, 1612年1月17日 - 1671年11月12日)は、イングランドの貴族、軍人。清教徒革命の内戦で活躍した議会派の指揮官である。ヨークシャーのオトレー村近郊に、スコットランド貴族のキャメロン男爵フェアファクス家の長男として生まれた。ケンブリッジ大学を卒業。デ・ヴィア卿に従ってネーデルラントに渡り、八十年戦争(三十年戦争)などに従軍した。1637年にアン・ヴィア(Anne de Vere)と結婚。1639年、チャールズ1世に従い第一次主教戦争に従軍。翌1640年に第二次主教戦争(1640年 - 1641年)に参戦。1642年にイングランド内戦(清教徒革命)が起こると議会派に属し、父と共に各地を転戦した。特にマーストン・ムーアの戦いで名を挙げ、ニューモデル軍が編成されるとその指揮官を務めた。その後も多くの戦いで功績をあげた。政治的関心は薄く、軍と議会の対立や1月30日のチャールズ1世の処刑などには関わらなかった。1649年1月に設立されたランプ議会には、2月になってから参加した。5月13日には平等派が起こしたen:Banbury mutinyの鎮圧に参加。第三次イングランド内戦への従軍はしなかった。王政復古を支持し、その後は自叙伝を書きつつ静かに暮らしたといわれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 436274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1603 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56188702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トーマス・フェアファクス(Thomas Fairfax, 3rd Lord Fairfax of Cameron, 1612年1月17日 - 1671年11月12日)は、イングランドの貴族、軍人。清教徒革命の内戦で活躍した議会派の指揮官である。ヨークシャーのオトレー村近郊に、スコットランド貴族のキャメロン男爵フェアファクス家の長男として生まれた。ケンブリッジ大学を卒業。デ・ヴィア卿に従ってネーデルラントに渡り、八十年戦争(三十年戦争)などに従軍した。1637年にアン・ヴィア(Anne de Vere)と結婚。1639年、チャールズ1世に従い第一次主教戦争に従軍。翌1640年に第二次主教戦争(1640年 - 1641年)に参戦。1642年にイングランド内戦(清教徒革命)が起こると議会派に属し、父と共に各地を転戦した。特にマーストン・ムーアの戦いで名を挙げ、ニューモデル軍が編成されるとその指揮官を務めた。その後も多くの戦いで功績をあげた。政治的関心は薄く、軍と議会の対立や1月30日のチャールズ1世の処刑などには関わらなかった。1649年1月に設立されたランプ議会には、2月になってから参加した。5月13日には平等派が起こしたen:Banbury mutinyの鎮圧に参加。第三次イングランド内戦への従軍はしなかった。王政復古を支持し、その後は自叙伝を書きつつ静かに暮らしたといわれる。
rdfs:label
  • トーマス・フェアファクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of