Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トロントの地理と気候(トロントのちりときこう)では、カナダのトロントの地理と気候について述べる。トロントは、東京23区の面積621.49km2とほぼ同じ面積630.18km2(243.21 sq mi)を抱える。南はオンタリオ湖と、西はエトビコ・クリークとハイウェイ427号線と、北はスティールズ通りと、東はルージュ川と接している。エトビコ・クリークとルージュ川に加え、トロント西部を流れるハンバー川と、市街東部を横断しトロント港湾の端に流れ込むドン川の2つの主な川がある。その他、市内には数多くの支流が流れている。緑の深い峡谷が広く分布しており、保護されていることから娯楽、ハイキング用のトレイル(小道)が市内に多くある。東西を走るイロコワ湖岸 (Iroquois Shoreline) が主な地形として知られ、これはスカボロの断崖 (Scarborough Bluffs) などで見られる最終氷期の時代にあったイロコワ氷河湖 (Glacial Lake Iroquois) の名残である。トロント市は周囲にミシサガ市やブランプトン市、ボーン市、マーカム、ピカリング市と隣接している。市の境界を超えてグレータートロント(GTA)があり、これはハルトン地域やピール地域、ヨーク地域、ダラム地域を含む。グレータートロント生態系地域 (Greater Toronto Bioregion) と呼ばれるエコシステムがあり、オンタリオ湖やナイアガラ断層、オークリッジモレインまで広がるこの地域の自然生態系の一部を成している。また、キャロライナ森林地帯 (Carolinian forest) の北限でもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 964835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51715249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トロントの地理と気候(トロントのちりときこう)では、カナダのトロントの地理と気候について述べる。トロントは、東京23区の面積621.49km2とほぼ同じ面積630.18km2(243.21 sq mi)を抱える。南はオンタリオ湖と、西はエトビコ・クリークとハイウェイ427号線と、北はスティールズ通りと、東はルージュ川と接している。エトビコ・クリークとルージュ川に加え、トロント西部を流れるハンバー川と、市街東部を横断しトロント港湾の端に流れ込むドン川の2つの主な川がある。その他、市内には数多くの支流が流れている。緑の深い峡谷が広く分布しており、保護されていることから娯楽、ハイキング用のトレイル(小道)が市内に多くある。東西を走るイロコワ湖岸 (Iroquois Shoreline) が主な地形として知られ、これはスカボロの断崖 (Scarborough Bluffs) などで見られる最終氷期の時代にあったイロコワ氷河湖 (Glacial Lake Iroquois) の名残である。トロント市は周囲にミシサガ市やブランプトン市、ボーン市、マーカム、ピカリング市と隣接している。市の境界を超えてグレータートロント(GTA)があり、これはハルトン地域やピール地域、ヨーク地域、ダラム地域を含む。グレータートロント生態系地域 (Greater Toronto Bioregion) と呼ばれるエコシステムがあり、オンタリオ湖やナイアガラ断層、オークリッジモレインまで広がるこの地域の自然生態系の一部を成している。また、キャロライナ森林地帯 (Carolinian forest) の北限でもある。
rdfs:label
  • トロントの地理と気候
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of