Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『トロイアの女』(希: Τρῳάδες, Trōiades, トローアデス、羅: Troades)は、古代ギリシアのエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。トロイア戦争終結直後、陥落したトロイアの女たちがカッサンドラーは、アガメムノーンへアンドロマケーは、ネオプトレモスへヘカベーは、オデュッセウスへといった具合に、ギリシア兵士側に妾・奴隷として分配されていく様が描かれる。紀元前415年の大ディオニューシア祭にて、『アレクサンドロス』『パラメーデース』『トロアーデス』『シーシュポス』(サテュロス劇)という組み合わせで上演され、二等になっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3152538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55930222 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『トロイアの女』(希: Τρῳάδες, Trōiades, トローアデス、羅: Troades)は、古代ギリシアのエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。トロイア戦争終結直後、陥落したトロイアの女たちがカッサンドラーは、アガメムノーンへアンドロマケーは、ネオプトレモスへヘカベーは、オデュッセウスへといった具合に、ギリシア兵士側に妾・奴隷として分配されていく様が描かれる。紀元前415年の大ディオニューシア祭にて、『アレクサンドロス』『パラメーデース』『トロアーデス』『シーシュポス』(サテュロス劇)という組み合わせで上演され、二等になっている。
rdfs:label
  • トロイアの女
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of