Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トルンア(dorongga、多隆阿、1817年 - 1864年)、字は礼堂、呼爾拉特氏、満州正白旗人。チチハル出身の清朝の軍人。その勇猛ぶりは「北多南超」(鮑超)として知られた1853年、内閣学士勝保に従い太平天国の北伐軍に大勝している。1857年には湖広総督官文・湖南巡撫胡林翼に従い都興阿とともに武漢・黄州・黄梅を奪還し、湖北省を平定した。その後陝西将軍に任じられ回民蜂起を鎮圧、1864年3月からは太平天国軍と連合した藍朝柱の蜂起軍と西安西方100kmの盩厔で会戦した。この戦いはトルンア側の勝利となったが、トルンア自身は流れ弾より負傷、その傷が原因となり5月18日に死亡した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3307361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57377824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
rdfs:comment
  • トルンア(dorongga、多隆阿、1817年 - 1864年)、字は礼堂、呼爾拉特氏、満州正白旗人。チチハル出身の清朝の軍人。その勇猛ぶりは「北多南超」(鮑超)として知られた1853年、内閣学士勝保に従い太平天国の北伐軍に大勝している。1857年には湖広総督官文・湖南巡撫胡林翼に従い都興阿とともに武漢・黄州・黄梅を奪還し、湖北省を平定した。その後陝西将軍に任じられ回民蜂起を鎮圧、1864年3月からは太平天国軍と連合した藍朝柱の蜂起軍と西安西方100kmの盩厔で会戦した。この戦いはトルンア側の勝利となったが、トルンア自身は流れ弾より負傷、その傷が原因となり5月18日に死亡した。
rdfs:label
  • トルンア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of